ITコーディネータ

ITコーディネータに関する資格試験情報を掲載しています。資格の区分、資格試験の受験資格、試験の内容などを紹介します。ITコーディネータの資格取得なら、資格DBにお任せください。



ITコーディネータの資格取得ガイド

経営者の立場に立って経営ITの橋渡しや、経営に役立つIT投資を推進・支援するための資格。この資格には、経営とITの豊富な知識、マネジメント能力、経営者のよきパートナーとして戦略的な情報化を推進していくコミュニケーション能力が必要となる。

資格区分

民間資格

受験資格

ITコーディネータの受験資格は以下の通りです。

年齢・学歴制限はないが、ITCに必要な専門知識を有している者。
ITCになるには、ケース研修受講修了とITC試験合格後、認定申請を行うことで資格取得となる。

資格試験内容

[ITC試験]
多肢選択方式、100問(必須60問、選択40問)
種々の方法によって修得した専門知識がITコーディネータとして必要なレベルに達し、これらの専門知識を実践で生かすための応用力・判断力が身についているかを判断する試験。

[ケース研修]
自己学習によって身に着けた専門知識を、実務で使いこなすための実践的アプローチを学ぶ研修プログラム。モデル企業の事例に基づきプロセスガイドラインに沿って、各種支援方法を模擬体験する。

受験申込期間

[ITC試験]試験日の約2ヶ月前。 [ケース研修]開港の2~3ヶ月前。

試験実施日

[ITC試験]5月下旬。 [ケース研修]4~7月の15日間。以降3~4ヶ月ごとに、年3回実施。

試験地

東京、名古屋、大阪 ほか(その他はホームページ上で公表)

受験料

[ITC試験]21000円。 [ケース研修]525000円。 ※ITCの認定登録料:21000円

合格率

53%

資格関連書籍

ITコーディネータ関連の人気書籍

お問い合わせ先

ITコーディネータについての資格試験に関するお問い合わせは以下の公式問い合わせ機関にお問い合わせください。

特定非営利活動法人ITコーディネータ協会
http://www.itc.or.jp/

ITコーディネータについて

ITコーディネータに関する情報は作成日時点(更新時点)のデータにより作成しております。情報の正確性については配慮しておりますが、完全性については保証いたしません。また、一部情報が古くなっている場合もあります。ITコーディネータの内容について誤り等がございましたら、「ご連絡フォーム」よりご指摘いただければ幸いでございます。