Excel表計算処理技能認定試験

Excel表計算処理技能認定試験に関する資格試験情報を掲載しています。資格の区分、資格試験の受験資格、試験の内容などを紹介します。Excel表計算処理技能認定試験の資格取得なら、資格DBにお任せください。



Excel表計算処理技能認定試験の資格取得ガイド

Excel表計算処理技能認定試験とは、Microsoft Excelを用いた表計算処理技能とビジネス実務への展開能力を認定する試験。3級、2級、1の3段階の認定基準となる。

資格区分

民間資格

受験資格

Excel表計算処理技能認定試験の受験資格は以下の通りです。

誰でも受験可能。

資格試験内容

[3級]
[知識]多肢選択方式、大問10~15題程度、小設問40問程度、30分。
ビジネス帳票、Microsoft Excelに関する操作知識
[実技]大問5~8問、60分。
Microsoft Excelの操作によるxlsのファイル等の作成・編集。問題冊子(またはPDFファイル)で出題、解答はテーマ・指示に従い、FD等に保存して提出。
[2級]
[知識]大問10~15題程度、小設問45問程度、30分。
[実技]大問5~8問、90分。
3級に同じ。
[1級]
[知識]2級に同じ
[実技]2級に同じ

※[知識]、[実技]共にパソコン上で行う。
対象ソフト(バージョン)は、2000,2002,2003から選択可能

受験申込期間

試験設定日の3週間前まで

試験実施日

随時 (サーティファイホームページ公開試験会場検索を参照)

試験地

サーティファイホームページ公開試験会場検索を参照。

受験料

[3級]5300円。[2級]6400円。[1級]7500円。

合格率

77%

資格関連書籍

Excel表計算処理技能認定試験関連の人気書籍

お問い合わせ先

Excel表計算処理技能認定試験についての資格試験に関するお問い合わせは以下の公式問い合わせ機関にお問い合わせください。

(株)サーティファイ認定試験事務局
http://www.sikaku.gr.jp/

Excel表計算処理技能認定試験について

Excel表計算処理技能認定試験に関する情報は作成日時点(更新時点)のデータにより作成しております。情報の正確性については配慮しておりますが、完全性については保証いたしません。また、一部情報が古くなっている場合もあります。Excel表計算処理技能認定試験の内容について誤り等がございましたら、「ご連絡フォーム」よりご指摘いただければ幸いでございます。