Microsoft Office Specialist(マイクロソフト オフィス スペシャリスト)

Microsoft Office Specialist(マイクロソフト オフィス スペシャリスト)に関する資格試験情報を掲載しています。資格の区分、資格試験の受験資格、試験の内容などを紹介します。Microsoft Office Specialist(マイクロソフト オフィス スペシャリスト)の資格取得なら、資格DBにお任せください。



Microsoft Office Specialist(マイクロソフト オフィス スペシャリスト)の資格取得ガイド

Microsoft Office Specialist(マイクロソフト オフィス スペシャリスト)とは、マイクロソフトオフィス製品の利用能力を証明する世界的な資格認定で、パソコンソフト・エンドユーザー向けの資格。

資格区分

民間資格

受験資格

Microsoft Office Specialist(マイクロソフト オフィス スペシャリスト)の受験資格は以下の通りです。

誰でも受験可能。
(試験当日に小学生以下は保護者の同意が必要)

資格試験内容

マイクロソフトオフィスに含まれるアプリケーションを使って、どれだけ要求された作業を確実に行えるかを判定する。形式は全て実技試験。
Microsoft Office Specialistには、Office 2003 Editions、Office XPがあり、Word、Excel、PowerPoint、Access、Outlook、の科目に分かれ、、WordとExcelにはスペシャリストレベルとエキスパートレベルがある。

[スペシャリストレベル]基本的な機能を効率よく利用し、一般的なビジネス文書やスプレッドシートを作成し、その変更や印刷などの作業ができる。
[エキスパートレベル]基本的な機能を十分理解したうえで、用途や目的に応じて環境設定・データの有効活用などの高度な機能を駆使した作業ができる。

Office 2003 Editions試験の場合は下記の通り。
[Word 2003]
[スペシャリスト](1)文字列、記号、とくしゅ文字の挿入と編集、(2)特定コンテンツの選択、(3)文字書式の設定、(4)文書のプロパティの表示と変更 など。
[エキスパート](1)オブジェクトの挿入と変更、(2)表のカスタマイズ、(3)フォームの作成と変更、(4)マクロの作成、編集、実行 など。

[Excel 2003]
[スペシャリスト](1)セルコンテンツの入力と編集、(2)データの並べ替え など。
[エキスパート](1)集計の使用、(2)ピボットテーブルとピボットグラフの作成、(3)画像の書式設定とサイズ変更、(4)データの統合 ほか。

受験申込期間

試験実施日

全国一斉試験:毎月1~2回(原則として第1・3日曜日) 随時試験:試験実施会場が設定する任意の日

試験地

事務局が試験会場として認定した全国のパソコンスクールや専門学校など

受験料

[スペシャリスト]1科目10290円。[エキスパート]1科目12390円。f

合格率

不明

資格関連書籍

Microsoft Office Specialist(マイクロソフト オフィス スペシャリスト)関連の人気書籍

お問い合わせ先

Microsoft Office Specialist(マイクロソフト オフィス スペシャリスト)についての資格試験に関するお問い合わせは以下の公式問い合わせ機関にお問い合わせください。

㈱オデッセイ コミュニケーションズ マイクロソフトオフィス スペシャリスト事務局
http://mc.odyssey-com.co.jp/

Microsoft Office Specialist(マイクロソフト オフィス スペシャリスト)について

Microsoft Office Specialist(マイクロソフト オフィス スペシャリスト)に関する情報は作成日時点(更新時点)のデータにより作成しております。情報の正確性については配慮しておりますが、完全性については保証いたしません。また、一部情報が古くなっている場合もあります。Microsoft Office Specialist(マイクロソフト オフィス スペシャリスト)の内容について誤り等がございましたら、「ご連絡フォーム」よりご指摘いただければ幸いでございます。