暗算検定

暗算検定に関する資格試験情報を掲載しています。資格の区分、資格試験の受験資格、試験の内容などを紹介します。暗算検定の資格取得なら、資格DBにお任せください。



暗算検定の資格取得ガイド

暗算検定とは、人間が本来持っている、全国珠算教育連盟主催で「自分の頭脳で計算する力」を認定するための試験。試験は、6~1級の級位試験と準初段~十段位試験の17段階に分かれる。

資格区分

受験資格

暗算検定の受験資格は以下の通りです。

誰でも受験可能。

資格試験内容

級位は各20問(1種目100点満点)、段位は書く40問(1種目200点満点)

[6級](1)かけ暗算:法実合わせて3桁の無名整数。(2)わり暗算:法実合わせて3桁の無名整数。(3)見取り暗算:1桁および1~2桁で3口の無名整数の加算。

[5級](1)(2)は6級に同じ、(3)見取暗算:1~2桁および2桁で4口および3口の無名整数の加算。

[4級](1)かけ暗算:法実合わせて3~4ヶ桁の無名整数。(2)わり暗算:法商合わせて3~4桁の無名整数。(3)見取暗算:2桁5口の無名整数の加算。

[3級](1)かけ暗算:法実合わせて4桁の無名整数。(2)わり暗算:法商合わせて4桁の無名整数。(3)見取暗算:2桁5口の無名整数の加算

[2級](1)(2)は3級に同じ。(3)見取暗算:2~3桁で5口の無名整数の加減算。

[1級](1)かけ暗算:法実合わせて4~5桁の無名整数。(2)わり暗算:法商合わせて4~5桁の無名整数。(3)見取暗算:3桁で5口の無名整数の加減算。

[段位](1)乗暗算:法実合わせて4~8桁の無名整数ならびに無名少数。端数処理を含む。(2)徐暗算:法商合わせて4~8桁の無名整数ならびに無名少数。端数処理を含む。(3)見取暗算:3~5桁以内で5~8口以内の無名整数の加減算。

※合格基準点:級位は各種目とも70点以上。段位は、準初段70点、初段80点、弐段90点、参段100点、四段110点、五段120点、六段130点、七段140点、八段150点、九段170点、十段190点とする。f


受験申込期間

試験実施日

[級位]年12回:毎月。 [段位]年6回:5月、7月、9月、11月、1月、3月。

試験地

受験する地域の連盟支部事務所に問い合わせる。

受験料

[6~4級]各800円。 [3~1級]900円。 [段位]1500円。

合格率

81%

資格関連書籍

暗算検定関連の人気書籍

お問い合わせ先

暗算検定について

暗算検定に関する情報は作成日時点(更新時点)のデータにより作成しております。情報の正確性については配慮しておりますが、完全性については保証いたしません。また、一部情報が古くなっている場合もあります。暗算検定の内容について誤り等がございましたら、「ご連絡フォーム」よりご指摘いただければ幸いでございます。