ライフセーバー

ライフセーバーに関する資格試験情報を掲載しています。資格の区分、資格試験の受験資格、試験の内容などを紹介します。ライフセーバーの資格取得なら、資格DBにお任せください。



ライフセーバーの資格取得ガイド

ライフセーバーとは、海岸で監視などの事故防止活動と、事故発生時の救助活動を行うサーフ・ライフセーバーになるための資格。応急処置・救助方法の知識に加えて、体力も必要となる。資格認定この資格は講習を受講し、検定試験に合格すれば取得できる。

資格区分

民間資格

受験資格

ライフセーバーの受験資格は以下の通りです。

[エレメンタリー・ライフセーバー] 中学生を除く15歳以上。
[ウォーター・ライフセーバー] 中学生を除く15歳以上、泳力400m10分以内。
[ベーシック・サーフ・ライフセーバー] 高校生を除く18歳以上、泳力400m9分以内、50m40秒以内、潜行20m以上、立ち泳ぎ5分以上。
[アドバンス・サーフ・ライフセーバー] 19歳以上、ベーシック取得後1年以上で、ビーチパトロール20日以上経験、泳力800m14分以内、50m35秒以内、潜行25m以上、立ち泳ぎ10分以上。
[IRBクルー] 高校生を除く18歳以上、ベーシック資格取得者。
[IRBドライバー] 19歳以上、IRBクルー取得後1年以上、IRBに30時間以上乗船。

資格試験内容

[エレメンタリー] 14時間。(1)ライフセービング概論。(2)応急処置。(3)蘇生法。
[ウォーター] 35時間。エレメンタリー(1)~(3)に同じ。(4)水辺での救助法。ほか。
[ベーシック] 35時間。エレメンタリー(1)~(3)に同じ。(4)海浜での救助法。ほか。
[アドバンス] 28時間。(1)救助技術。(2)底想定トレーニング。(3)ビーチマネジメント。(4)マリンスポーツの知識。(5)救助機材の活用と管理。(6)蘇生法。ほか。
[IRBクルー] 14時間。船体・船外機の組み立て・収納・メンテナンス。 ほか。
[IRBドライバー] 14時間。(1)IRB操縦法。(2)IRB救助法。(3)緊急時対応。ほか。

※ウォーターはプールや湖での救助活動、IRBは船外機付き救助用ボートを使っての救助活動。泳げない者でも救命技術が身につけられる。
[心肺蘇生法(CRP)]資格講習も実施している。(受講料9840円)

受験申込期間

試験実施日

実施回数や期間は各資格により異なる。(公式ホームページ参照)

試験地

北海道、茨城、千葉、東京、神奈川、新潟、静岡、和歌山、広島、ほか。

受験料

[エレメンタリー]13000円。[ウォーター・ベーシック・アドバンス・IRBドライバー]各23000円。[IRBクルー]18000円。

合格率

不明

資格関連書籍

ライフセーバー関連の人気書籍

お問い合わせ先

ライフセーバーについての資格試験に関するお問い合わせは以下の公式問い合わせ機関にお問い合わせください。

特定非営利活動法人 日本ライフセービング協会
http://www.jla.gr.jp

ライフセーバーについて

ライフセーバーに関する情報は作成日時点(更新時点)のデータにより作成しております。情報の正確性については配慮しておりますが、完全性については保証いたしません。また、一部情報が古くなっている場合もあります。ライフセーバーの内容について誤り等がございましたら、「ご連絡フォーム」よりご指摘いただければ幸いでございます。