水泳指導管理士

水泳指導管理士に関する資格試験情報を掲載しています。資格の区分、資格試験の受験資格、試験の内容などを紹介します。水泳指導管理士の資格取得なら、資格DBにお任せください。



水泳指導管理士の資格取得ガイド

水泳指導管理士とは、(財)日本水泳連盟の公認プール、標準プールに必ず配置しなければならないと規定されているプール管理者になることができる資格のひとつ。

資格区分

民間資格

受験資格

水泳指導管理士の受験資格は以下の通りです。

次の受講資格を満たして、水泳指導管理士養成講習会(4日間)を受講し、修了した者。
およびこれと同等の能力がある者。
受講資格
(1)受講開始日現在、20歳以上の健全な男女。
(2)競泳4泳法と横泳ぎができる者。
(3)同一泳法で500m以上泳げ、立ち泳ぎ(足のみ)が3分以上できる者。f

資格試験内容

理論と実技が行われ、実技は4日間の講習最終日に実施。

[理論(管理・指導法)]
(1)水泳の歴史・競技規則(競技会の計画と運営)
(2)プール施設・設備の維持および安全管理
(3)水泳医事と救急法の理論
(4)水泳事故と法手駅諸問題
(5)水泳の基本と安全

[理論(救助・救急法)]
(1)救助法の理論と実技
(2)救急法の理論と実技

[実技(救助・救急法)]
(1)競泳4泳法と横泳ぎ、立ち泳ぎ
(2)救助法

受験申込期間

例年3月下旬の5日間(受講申し込み期間と同じ)。

試験実施日

例年5月上旬

試験地

東京(国立競技場大会議室、同室内水泳場)

受験料

15000円。(協会会員は1000円)。受講料:20000円。登録料:20000円。

合格率

83%

資格関連書籍

水泳指導管理士関連の人気書籍

お問い合わせ先

水泳指導管理士についての資格試験に関するお問い合わせは以下の公式問い合わせ機関にお問い合わせください。

(財)日本体育施設協会

水泳指導管理士について

水泳指導管理士に関する情報は作成日時点(更新時点)のデータにより作成しております。情報の正確性については配慮しておりますが、完全性については保証いたしません。また、一部情報が古くなっている場合もあります。水泳指導管理士の内容について誤り等がございましたら、「ご連絡フォーム」よりご指摘いただければ幸いでございます。