スクーバダイビング

スクーバダイビングに関する資格試験情報を掲載しています。資格の区分、資格試験の受験資格、試験の内容などを紹介します。スクーバダイビングの資格取得なら、資格DBにお任せください。



スクーバダイビングの資格取得ガイド

スクーバダイビングとは、ダイバーの証明となるPADI・Cカードを取得することで得られる資格。講習で海に関する正しい知識とテクニックを学ぶ。Cカードは海外でも使用できるので、世界中の水中世界を楽しむことができる。

資格区分

民間資格

受験資格

スクーバダイビングの受験資格は以下の通りです。

10歳以上(オープン・ウォーター・ダイバーは15歳以上)であれば、誰でも受講可能

資格試験内容

初心者対象の[オープン・ウォーター・ダイバー]で認定証:PADIに代表される民間ダイバー教育機関が発行するCカードを取得。
このCカードの取得でダイビングツアーへ参加や充てん済みのタンクが借りられ、世界の海で自分たちでダイビングすることが可能となる。
さらに海での様々な経験を深められるステップアップコースの[アドヴァンスド・オープン・ウォーター・ダイバー]では、より深いダイブや、夜のダイブ、水中写真、ボートダイブ、水中コンパスを使用してのナビゲーション等をマスターする。
他に、万が一トラブルに遭遇しても、素早く的確な判断するスキルをマスターする[レスキュー・ダイバー]、プロとしてのスキルと知識を取得する[ダイブマスター]、[インストラクター]などがある。

[オープン・ウォーター・ダイバー]
ダイブセンター(サービス店舗)を選択肢、プールまたは海からスタートするが、マニュアルとビデオを事前に入手し、自習を行ったうえでミーティング(知識のチェックと不明な点に関するレクチャー)するかを相談する。

[レクチャー]
自習度合いにもよるが、おおむね約6時間行う。ダイビングテクニック紹介、機材紹介、水中環境、安全ダイビングのルールなど。

[プール]
5セクションを約12時間行う。機材セッティング、呼吸法の取得、緊急時の対応、浮力調整テクニックの習得。

[海洋実習]
最大深度18mまでの安定した浅場の水域で、合計4ダイブを実施。一般的なパターンとしては、プールでのスキルを実際に海洋で適応できるかのチェックを行い、また水中ツアーも実施。修了後、インストラクターにCカード申請書式に記入してもらう。

受験申込期間

試験実施日

ダイブショップ、実習方法(国内・海外)などにより異なる

試験地

受験料

ダイブショップ、実習方法(国内・海外)などにより異なる

合格率

100%

資格関連書籍

スクーバダイビング関連の人気書籍

お問い合わせ先

スクーバダイビングについての資格試験に関するお問い合わせは以下の公式問い合わせ機関にお問い合わせください。

㈱ パディ(PADI)ジャパン
http://www.padi.com

スクーバダイビングについて

スクーバダイビングに関する情報は作成日時点(更新時点)のデータにより作成しております。情報の正確性については配慮しておりますが、完全性については保証いたしません。また、一部情報が古くなっている場合もあります。スクーバダイビングの内容について誤り等がございましたら、「ご連絡フォーム」よりご指摘いただければ幸いでございます。