製菓衛生師

製菓衛生師に関する資格試験情報を掲載しています。資格の区分、資格試験の受験資格、試験の内容などを紹介します。製菓衛生師の資格取得なら、資格DBにお任せください。



製菓衛生師の資格取得ガイド

製菓衛生師とは、菓子造業者の資質と公衆衛生の向上が目的とされる資格。資格がないと菓子が製造できないわけではないが、免許取得により信用度が高まる。

資格区分

国家資格

受験資格

製菓衛生師の受験資格は以下の通りです。

(1)厚生労働大臣が指定した製菓衛生師養成施設で1年以上製菓衛生師として必要な知識、技能を修得した者。
(製菓衛生師養成施設は北海道、東京、京都、大阪、兵庫、岡山、佐賀、大分、など60ヶ所に設置されている。)
(2)中学校を卒業した者で、2年以上菓子製造業に従事した者。
(菓子製造とは製造施設を設け、パン・菓子を製造する営業をいい、パン・菓子を販売する営業又は行商は含まれない。)

資格試験内容

書類審査後、6科目60問について筆記試験を行う。
試験科目は次の通り。
(1)衛生法規。
(2)公衆衛生学。
(3)栄養学。
(4)食品学。
(5)食品衛生学。
(6)製菓理論及び製菓実技。

※製菓実技は和菓子・製パンの3分野が出題され、そのうち1分野を選択する。

受験申込期間

各都道府県により異なる

試験実施日

各都道府県により異なる

試験地

各都道府県が指定する場所

受験料

各都道府県により異なる

合格率

不明

資格関連書籍

製菓衛生師関連の人気書籍

お問い合わせ先

製菓衛生師についての資格試験に関するお問い合わせは以下の公式問い合わせ機関にお問い合わせください。

各都道府県製菓衛生師試験担当課

製菓衛生師について

製菓衛生師に関する情報は作成日時点(更新時点)のデータにより作成しております。情報の正確性については配慮しておりますが、完全性については保証いたしません。また、一部情報が古くなっている場合もあります。製菓衛生師の内容について誤り等がございましたら、「ご連絡フォーム」よりご指摘いただければ幸いでございます。