フードコーディネーター資格認定試験

フードコーディネーター資格認定試験に関する資格試験情報を掲載しています。資格の区分、資格試験の受験資格、試験の内容などを紹介します。フードコーディネーター資格認定試験の資格取得なら、資格DBにお任せください。



フードコーディネーター資格認定試験の資格取得ガイド

フードコーディネーター資格認定試験とは、レストランや飲食店のメニューの考案をはじめ、イベント等の企画、食品メーカーの商品開発など、食に関するトータルプロデュースを行うフードコーディネーターになるための資格試験。

資格区分

民間資格

受験資格

フードコーディネーター資格認定試験の受験資格は以下の通りです。

[3級]誰でも受験できる。
[2級]日本フードコーディネーター協会3級登録者

資格試験内容

[3級]
基本知識の習得を測る内容。
(1)デザイン・アート
(2)経済・経営
(3)科学
(4)文化
ただし、調理師、栄養士、管理栄養士、製菓衛生師の有資格者は、(3)と(4)は免除される。

[2級]
より深い専門知識とフードサービス・ビジネスにおける経験を問う内容。
[共通1次] マークシート方式
(1)レストランプロデュース
(2)食の商品開発
(3)ホスピタリティ&ライフサポート
(4)食のイベント・メディア
[2次]
1次の合格者が専門分野別に問題を選択。

※合格率
[3級]93.3%
[2級](1次)71.2% (2次)37.5% 
上記合格率は全て2006年度の結果である。

受験申込期間

試験実施日

[3級]10月下旬。[2級](1次)7月上旬。(2次)8月下旬。

試験地

[3級]札幌、東京、横浜、名古屋、大阪、福岡。
[2級](1次)東京、名古屋、大阪、福岡。
(2次)東京、大阪。

受験料

合格率

93%

資格関連書籍

フードコーディネーター資格認定試験関連の人気書籍

お問い合わせ先

フードコーディネーター資格認定試験についての資格試験に関するお問い合わせは以下の公式問い合わせ機関にお問い合わせください。

日本フードコーディネーター協会
http://www.jfca.gr.jp

フードコーディネーター資格認定試験について

フードコーディネーター資格認定試験に関する情報は作成日時点(更新時点)のデータにより作成しております。情報の正確性については配慮しておりますが、完全性については保証いたしません。また、一部情報が古くなっている場合もあります。フードコーディネーター資格認定試験の内容について誤り等がございましたら、「ご連絡フォーム」よりご指摘いただければ幸いでございます。