利き酒師

利き酒師に関する資格試験情報を掲載しています。資格の区分、資格試験の受験資格、試験の内容などを紹介します。利き酒師の資格取得なら、資格DBにお任せください。



利き酒師の資格取得ガイド

利き酒師とは、日本酒についての幅広い知識とともに、正しい味覚をもつ専門家になるための資格。
日本酒サービス研究会・酒匠研究会連合会が主催する、利酒講習会テキストにもとづいた[受験資格認定講習会]を受講し、後日[呼称資格認定試験]に合格することで、資格取得となる。

資格区分

民間資格

受験資格

利き酒師の受験資格は以下の通りです。

[受験資格認定講習会]日本酒を学ぶ意欲のある20歳以上の者。
[呼称資格認定試験]上記講習会修了者。

資格試験内容

[受験資格認定講習会](ビデオ受講あり)
(1)プロを目指して
(2)日本酒の商品特性
(3)日本酒の健康効果
(4)日本酒の原料、醸造基礎知識
(5)日本酒の歴史
(6)日本酒のサービス方法
(7)日本巣のタイプ別テイスティング
(8)日本酒のセールスプロモーション

[呼称資格認定試験]
(1次)筆記(利酒師講習会テキストから出題)
(2次)テイスティング
数種の日本酒のテイスティングを行い、香りや味わいの表現をはじめ、セールスプロモーションに必要な要素を表現。
(3次)実技を伴う口頭試問
試験管による口頭試問方式にて、日本酒の提案・サービス方法などを問う。

受験申込期間

試験実施日

[受験資格認定講習会]5月、7月、9月、11月、翌年2月。[呼称資格認定試験]6月、8月、10月、12月、翌年3月。

試験地

[受験資格認定講習会]東京、大阪。
[呼称資格認定試験]東京、大阪、ほか主要5都市。

受験料

[受験資格認定講習会]25000円(ビデオ受講は30000円)。[呼称資格認定試験]15000円。別途認定登録料:25000円。

合格率

76%

資格関連書籍

利き酒師関連の人気書籍

お問い合わせ先

利き酒師についての資格試験に関するお問い合わせは以下の公式問い合わせ機関にお問い合わせください。

日本酒サービス研究会・酒匠研究会連合会事務局
http://www.fbo.ne.jp
http://www.sakejapan.com

利き酒師について

利き酒師に関する情報は作成日時点(更新時点)のデータにより作成しております。情報の正確性については配慮しておりますが、完全性については保証いたしません。また、一部情報が古くなっている場合もあります。利き酒師の内容について誤り等がございましたら、「ご連絡フォーム」よりご指摘いただければ幸いでございます。