消費生活アドバイザー

消費生活アドバイザーに関する資格試験情報を掲載しています。資格の区分、資格試験の受験資格、試験の内容などを紹介します。消費生活アドバイザーの資格取得なら、資格DBにお任せください。



消費生活アドバイザーの資格取得ガイド

消費生活アドバイザーとは、消費者相談窓口対応や、消費者向けの資料の作成・苦情処理などを行い、それらを基に企業経営に反映させる、消費者と企業の橋渡し、を行うための資格。

資格区分

民間資格

受験資格

消費生活アドバイザーの受験資格は以下の通りです。

誰でも受験可能。
ただし、協会が実施する1次試験及び2次試験の受験が可能な者。

資格試験内容

消費者生活アドバイザーとして必要な見識を持ち、消費者関連知識を駆使して、適切な消費者相談に対応する能力があるかどうかが問われる。

[1次]筆記試験(択一式)
(1)消費者問題。
(2)消費者のための行政・法律知識:行政知識、法律知識
(3)消費者のための経済知識:経済一般知識、企業経営一般知識、生活経済、経済統計と調査方法の知識、地球環境問題、・エネルギー需給
(4)生活基礎知識:医療と健康、社会保険と福祉、余暇生活、衣服と生活、食生活と健康、住生活と快適空間、商品・サービスの品質と安全性、広告と表示、暮らしと情報

[2次]
(1)論文
(2)面接(1次試験合格者のみに実施)

[実技研修]
2次合格者のうち、実務経験のない者に実施。

受験申込期間

8月上旬~下旬。(願書は7月上旬から交付。願書の提出は郵送に限る。締切日必着。)

試験実施日

[1次]10月上旬。[2次]11月下旬。※実務研修は、翌年2月下旬~3月上旬の4日間。

試験地

札幌、東京、名古屋、大阪、福岡

受験料

12600円

合格率

19%

資格関連書籍

消費生活アドバイザー関連の人気書籍

お問い合わせ先

消費生活アドバイザーについての資格試験に関するお問い合わせは以下の公式問い合わせ機関にお問い合わせください。

(財) 日本産業協会
http://www.nissankyo.or.jp/

消費生活アドバイザーについて

消費生活アドバイザーに関する情報は作成日時点(更新時点)のデータにより作成しております。情報の正確性については配慮しておりますが、完全性については保証いたしません。また、一部情報が古くなっている場合もあります。消費生活アドバイザーの内容について誤り等がございましたら、「ご連絡フォーム」よりご指摘いただければ幸いでございます。