高等学校教諭普通免許状

高等学校教諭普通免許状に関する資格試験情報を掲載しています。資格の区分、資格試験の受験資格、試験の内容などを紹介します。高等学校教諭普通免許状の資格取得なら、資格DBにお任せください。



高等学校教諭普通免許状の資格取得ガイド

高等学校教諭普通免許状とは、国公立あるいは私立の高等学校で教師として働くために必要な免許状である。普通免許状を取得すると、全ての都道府県にて有効となる。

資格区分

国家資格

受験資格

高等学校教諭普通免許状の受験資格は以下の通りです。

[1種免許状]
(1)4年制大学等で所定の教課20単位以上、教職23単位以上、教科または教職16単位以上の専門科目を取得し、学士の学位を取得した者。
(2)看護、柔道、県道、情報、福祉、デザイン、建築、情報処理、情報技術の教科では、文部科学大臣が行う高等学校教員資格認定試験の合格者他。

[専修免許状]
4年制大学で1種を取得するか所要資格を得て、大学院で修士の学位を取得し、教科または教職科目40単位以上の専門科目を修得した者。ほか。

※教員になるには、上記の免許状取得後(見込みを含む)、各都道府県や政令指定都市の教育委員会が実施する教員採用試験か、各私立学校の採用試験に合格しなければならない。

資格試験内容

下記は東京都公立学校教員採用候補者選考の試験実施項目。

[1次] 筆記
(1)教職教養:択一式・マークシート式(60分)
(2)専門教養:択一式・マークシート式(60分)
(3)論文:教育に関する内容について2題出題し、そのうちの1題を洗濯して1,200字以上1,500位以内で論述。(90分)

[2次] 1次合格者のみ
(1)面接:個人面接、集団面接
(2)実技:音楽家、美術か、保健体育科、英語科の教科受験者のみ。

受験申込期間

持参:5月中旬の指定日。郵送:5月中旬の指定日の消し印まで有効。インターネット申請:5月中旬の指定する日時までに申し込まれたもの。

試験実施日

[1次]7月上旬。[2次]8月中旬の2日間のうち指定する日(面接)。9月上旬(実技)。

試験地

受験料

合格率

12%

資格関連書籍

高等学校教諭普通免許状関連の人気書籍

お問い合わせ先

高等学校教諭普通免許状についての資格試験に関するお問い合わせは以下の公式問い合わせ機関にお問い合わせください。

各都道府県教育委員会

高等学校教諭普通免許状について

高等学校教諭普通免許状に関する情報は作成日時点(更新時点)のデータにより作成しております。情報の正確性については配慮しておりますが、完全性については保証いたしません。また、一部情報が古くなっている場合もあります。高等学校教諭普通免許状の内容について誤り等がございましたら、「ご連絡フォーム」よりご指摘いただければ幸いでございます。