介護福祉士

介護福祉士に関する資格試験情報を掲載しています。資格の区分、資格試験の受験資格、試験の内容などを紹介します。介護福祉士の資格取得なら、資格DBにお任せください。



介護福祉士の資格取得ガイド

介護福祉士とは、課程における介護能力の充実強化を図り、国民の福祉向上を目的に制定された資格。資格取得には、介護福祉国家試験に合格する、高校卒業以上の者が介護福祉養成施設を卒業する、のいずれかの方法がある。

資格区分

国家資格

受験資格

介護福祉士の受験資格は以下の通りです。

※国家試験を受験する場合の受験資格
(1)3年以上介護等の業務に従事した者。(学歴、年齢は問わない)
(2)高等学校もしくは高等学校等の専攻科において、福祉に関する所定の教科目を修めて卒業した者。(卒業見込みの者を含む)

資格試験内容

[筆記] 出題数は120問、総試験時間は210分。
(1)社会福祉概論。(2)老人福祉論。(3)障害者福祉。(4)リハビリテーション論。(5)社会福祉援助技術(演習を含む)。(6)レクリエーション活動援助法。(7)老人・障害者の心理。(8)家政学概論。(9)医学一般。(10)精神保健。(11)介護概論。(12)介護技術。(13)形態別介護技術。

[実技] (※筆記試験合格者のみ)
介護等に関する専門的技能。

※実技試験は介護技術講習を終了することで、講習修了後引き続いて行われる3回の試験について、申請により免除される。
詳細は(社)日本介護福祉養成施設協会へ問い合わせる。

受験申込期間

8月上旬~9月上旬。(予定)

試験実施日

[筆記]1月下旬。[実技]3月上旬。

試験地

[筆記]:北海道、青森、宮城、埼玉、千葉、東京、神奈川、新潟、石川、愛知、京都、大阪、兵庫、岡山、広島、香川、福岡、鹿児島、沖縄(予定)
[実技]:北海道、青森、宮城、東京、石川、愛知、大阪、広島、香川、福岡、鹿児島、沖縄(予定)

受験料

12800円

合格率

50%

資格関連書籍

介護福祉士関連の人気書籍

お問い合わせ先

介護福祉士についての資格試験に関するお問い合わせは以下の公式問い合わせ機関にお問い合わせください。

(財)社会福祉振興・試験センター
http://www.sssc.or.jp

介護福祉士について

介護福祉士に関する情報は作成日時点(更新時点)のデータにより作成しております。情報の正確性については配慮しておりますが、完全性については保証いたしません。また、一部情報が古くなっている場合もあります。介護福祉士の内容について誤り等がございましたら、「ご連絡フォーム」よりご指摘いただければ幸いでございます。