技術士(補)

技術士(補)に関する資格試験情報を掲載しています。資格の区分、資格試験の受験資格、試験の内容などを紹介します。技術士(補)の資格取得なら、資格DBにお任せください。



技術士(補)の資格取得ガイド

技術士(補)とは、科学技術分野における専門的学識及び、高等の専門的応用能力を有する技術者のための資格認定制度。
技術士だ一次試験に合格すると、技術士補になれる。

資格区分

国家資格

受験資格

技術士(補)の受験資格は以下の通りです。

[技術士第一次試験(技術士補)] 誰でも受験可能。
[技術士第二次試験(技術士)] 技術士補となる資格(技術士第一次試験合格者、およびそれと同等と認められる者)を有し、下記(1)~(3)に該当する者。
(1)技術士補として技術士を補助した経験が4年を超えるもの。
(2)第一次試験合格後、優れた指導者の監督のもとで、経験が4年を超える者。
(3)科学技術に関する計画、研究、設計、分析、試験または評価などの指導業務経験が第一次試験合格前の業務経験を含め7年を超える者。
※総合技術監理部門の受験者は、上記よりさらに3年の経験年数が必要となる。

資格試験内容

[第一次試験] 全科目多肢択一式試験
基礎科目:科学技術全般にわたる基礎知識。
適正科目:技術士法第4章(技術士等の義務)の規定の遵守に関する適正。
共通科目:数学、物理学、化学、生物学、地学の5科目から2科目を選択。
専門科目:20の技術部門(機会、船舶、海洋、航空、宇宙、電気電子、科学、繊維、金属、資源工学、建設、上下水道、衛生工学、農業、森林、水産、経営工学、情報工学、応用理学、生物工学、環境、電子力・放射線)から選択した1部門について。

[第二次試験] 筆記試験・(筆記合格者に対して)口頭試験が行われる。
総合技術監理部門以外:(1)選択科目(記述式)は選択科目に対する専門知識と応用能力。
(2)必須科目(記述式)は技術部門全般にわたる論理的考察力と課題解決能力。
総合技術監理部門:(1)選択科目は機会から原子力・放射線までの20の技術部門から選択した1部門に対応する、上記「(1)選択科目」「(2)必須科目」と同内容。
(2)必須科目は総合技術監理部門に関する専門的知識、技術的体験・応用能力。

受験申込期間

試験実施日

[第一次]10月上旬。[第二次・筆記]8月上旬。[第二次・口頭]12月上旬~翌年1月下旬のうち指定された日。

試験地

[第一次][第二次・筆記]北海道、宮城、東京、神奈川、新潟、石川、愛知、大阪、広島、香川、福岡、沖縄。[第二次・口頭]東京(筆記合格者のみ)

受験料

[第一次]11000円。[第二次]14000円。

合格率

12f%

資格関連書籍

技術士(補)関連の人気書籍

お問い合わせ先

技術士(補)についての資格試験に関するお問い合わせは以下の公式問い合わせ機関にお問い合わせください。

(社)日本技術士会技術士試験センター
http://www.engineer.or.jp/

技術士(補)について

技術士(補)に関する情報は作成日時点(更新時点)のデータにより作成しております。情報の正確性については配慮しておりますが、完全性については保証いたしません。また、一部情報が古くなっている場合もあります。技術士(補)の内容について誤り等がございましたら、「ご連絡フォーム」よりご指摘いただければ幸いでございます。