気象予報士

気象予報士に関する資格試験情報を掲載しています。資格の区分、資格試験の受験資格、試験の内容などを紹介します。気象予報士の資格取得なら、資格DBにお任せください。



気象予報士の資格取得ガイド

気象予報士とは、気象庁から提供される数値予報資料等高度な予測データを、適切に利用し、予測することができる技術者を確保することを目的とした資格。

資格区分

国家資格

受験資格

気象予報士の受験資格は以下の通りです。

誰でも受験可能。

資格試験内容

[学科]
多肢選択式
(1)予報業務に関する一般知識:大気の構造、大気の熱力学、降水課程、大気における放射、大気の力学、気象現象。
(2)予報業務に関する専門知識:観測の成果の利用、数値予報、局地予報、短時間予報、気象災害、予想の精度の評価、気性の予想の応用。ほか。

[実技]
記述式
(1)起床概況及びその変動の把握
(2)局地的な気象の予想
(3)台風等緊急時における対応

[科目の免除]
(1)学科試験囲合格した者または一般知識・専門知識のいずれかについて合格した者は、申請により、合格通知をした日から1年以内に行われる試験において、合格した科目の学科試験が免除される。
(2)予報業務または観測業務に従事する者の養成課程で、気象庁長官が定めるものを修了し、国の行政機関で3年以上の予報業務または観測業務に従事した者は、学科試験の全部もしくは一部が免除される。
(3)国の行政機関において、予報業務または観測業務に7年以上従事した経験のある者は、学科試験の全部もしくは一部が免除される。
(4)応用理学部門の技術士資格をもち、3年以上予報業務に従事した経験のある者は学科試験が免除される。

受験申込期間

試験実施日

年2回:8月下旬。1月下旬。

試験地

北海道、宮城県、東京都、大阪府、福岡県、沖縄県。

受験料

11400円

合格率

6%

資格関連書籍

気象予報士関連の人気書籍

お問い合わせ先

気象予報士についての資格試験に関するお問い合わせは以下の公式問い合わせ機関にお問い合わせください。

(財)気象業務支援センター試験部
http://www.jmbsc.or.jp/

気象予報士について

気象予報士に関する情報は作成日時点(更新時点)のデータにより作成しております。情報の正確性については配慮しておりますが、完全性については保証いたしません。また、一部情報が古くなっている場合もあります。気象予報士の内容について誤り等がございましたら、「ご連絡フォーム」よりご指摘いただければ幸いでございます。