自動車検査員

自動車検査員に関する資格試験情報を掲載しています。資格の区分、資格試験の受験資格、試験の内容などを紹介します。自動車検査員の資格取得なら、資格DBにお任せください。



自動車検査員の資格取得ガイド

自動車検査員とは、地方運輸局長の指定を受けた、指定自動車整備事業場で、整備が完了した車が、道路運送車両の保安基準に適合しているかどうかを検査する職務に就くための資格。

資格区分

国家資格

受験資格

自動車検査員の受験資格は以下の通りです。

国の検査業務を行う自動車検査官と同等の知識と技能が要求され、次のいずれかに該当する者でなければならない。
(1)整備主任者として1年以上の実務経験があり、地方運輸局長が行う自動車の検査に必要な知識と技能についての教習を修了した者。
(2)自動車検査官の経験がある者。
(3)軽自動車検査教会で軽自動車検査員の経験がある者。
なお、整備主任者として適切に業務を行っていなかったものは自動車検査員となることはできない。

資格試験内容

[職務内容]
指定整備工場は、一般に民間車検場と呼ばれ、国が行う検査の一部の代行を行っている。
自動車検査員の社内での位置は、重責を負うことから、給与面でも一般の行員よりはるかによい、その使命と社会的地位が高いものとなっている。

[申込み方法]
受講申請書と写真を提出する。
その際、整備主任者として1年以上実務経験のあることを証明する書面(整備士手帳または整備主任届出書)を持参し、窓口にて確認を行う。

自動車検査員教習は、地方運輸局長の指定する機関が行う。詳細は各地方湯運輸局整備部整備課へ問い合わせること。

受験申込期間

教習実施機関により異なる

試験実施日

不定期

試験地

受験料

教習実施機関により異なる

合格率

不明

資格関連書籍

自動車検査員関連の人気書籍

お問い合わせ先

自動車検査員についての資格試験に関するお問い合わせは以下の公式問い合わせ機関にお問い合わせください。

各地方運輸局自動車技術安全部整備課または各地方運輸局運輸支局整備課

自動車検査員について

自動車検査員に関する情報は作成日時点(更新時点)のデータにより作成しております。情報の正確性については配慮しておりますが、完全性については保証いたしません。また、一部情報が古くなっている場合もあります。自動車検査員の内容について誤り等がございましたら、「ご連絡フォーム」よりご指摘いただければ幸いでございます。