葬祭ディレクター

葬祭ディレクターに関する資格試験情報を掲載しています。資格の区分、資格試験の受験資格、試験の内容などを紹介します。葬祭ディレクターの資格取得なら、資格DBにお任せください。



葬祭ディレクターの資格取得ガイド

葬祭ディレクターとは、葬祭業にたずさわる人々の技能向上を目的とした、厚生労働省後援の資格。葬祭業界に働く人にとって必要な「知識」と「技術」を証明するものとなる。

資格区分

民間資格

受験資格

葬祭ディレクターの受験資格は以下の通りです。

[2級]
葬祭実務経験2年以上の者。
[1級]
葬祭実務経験5年以上の者、または2級合格後に2年以上の実務経験を有する者。

資格試験内容

[2級]
個人葬における受注か会場設営、式典運営に至るまでの一般的知識と技能を審査の対象とする。
学科:正誤判定問題25問、多肢選択問題25問。(30分)
実技:制限時間の延長はない。
(1)幕張装飾、7分。(2)司会、4分。(3)接遇、2分。(4)実技筆記試験、5問、30分。

[1級]
全ての葬儀における受注から会場設営、式典運営に至るまでの詳細な知識と技能を審査の対象とする。
学科:正誤判定問題50問、多肢選択問題50問。(50分)
実技:(1)幕張装飾、7分。(2)司会、6分。(3)接遇、2分。(4)実技筆記試験、5問、30分。

受験申込期間

4月中旬~5月下旬

試験実施日

9月上旬(2007年度)

試験地

札幌、仙台、さいたま、東京、横浜、名古屋、京都、福岡。(2007年度)

受験料

[2級]学科:8000円、実技:30000円。[1級]学科:8000円、実技:45000円。

合格率

47%

資格関連書籍

葬祭ディレクター関連の人気書籍

お問い合わせ先

葬祭ディレクターについての資格試験に関するお問い合わせは以下の公式問い合わせ機関にお問い合わせください。

葬祭ディレクター技能審査協会
http://www.sousai-director.jp

葬祭ディレクターについて

葬祭ディレクターに関する情報は作成日時点(更新時点)のデータにより作成しております。情報の正確性については配慮しておりますが、完全性については保証いたしません。また、一部情報が古くなっている場合もあります。葬祭ディレクターの内容について誤り等がございましたら、「ご連絡フォーム」よりご指摘いただければ幸いでございます。