犬訓練士

犬訓練士に関する資格試験情報を掲載しています。資格の区分、資格試験の受験資格、試験の内容などを紹介します。犬訓練士の資格取得なら、資格DBにお任せください。



犬訓練士の資格取得ガイド

犬訓練士とは、将来警察犬として働く犬、来盲導犬として働く犬の訓練・育成などを行うための資格。好きが前提であるが、奉仕精神、忍耐力、研究心が必要となる。

資格区分

民間資格

受験資格

犬訓練士の受験資格は以下の通りです。

[三等訓練士の受験資格]
・18歳以上であること。(協会の会員)
・訓練の経験があること。
・訓練実績があること。(協会の訓練試験科目に2頭以上5科目以上、自分が訓練した犬を合格させる。)

資格試験内容

(社)日本警察犬協会の公認訓練士は、[三等訓練士]、[二等訓練士]、[一等訓練士]、[一等訓練士正]、[一等訓練士長]の5階級に分かれ、[三等訓練士]の試験に合格後、段階的に昇格試験に臨んでいくシステムとなる。
受験に際しては、まず見習訓練士として協会の公認訓練士が経営する訓練所に入所し、受験のための実績を作ることが最も良い方法とされている。
見習訓練士の修行機関は3~6年程度が目安である。

[試験内容]

[学科]
(1)犬に関する心得
(2)犬学(概論)
(3)訓練法
(4)繁殖
(5)飼育管理
(6)畜犬に関する法令と規則

[実技]
基礎訓練と応用

受験申込期間

随時

試験実施日

各地域ごとに年1回。(申込者が集まり次第実施している。)

試験地

日本警察犬協会本部、または支部連合会の各支部

受験料

10000円

合格率

100%

資格関連書籍

犬訓練士関連の人気書籍

お問い合わせ先

犬訓練士についての資格試験に関するお問い合わせは以下の公式問い合わせ機関にお問い合わせください。

(社)日本警察犬協会本部
http://www.policedog.or.jp/

犬訓練士について

犬訓練士に関する情報は作成日時点(更新時点)のデータにより作成しております。情報の正確性については配慮しておりますが、完全性については保証いたしません。また、一部情報が古くなっている場合もあります。犬訓練士の内容について誤り等がございましたら、「ご連絡フォーム」よりご指摘いただければ幸いでございます。