POP広告クリエイター

POP広告クリエイターに関する資格試験情報を掲載しています。資格の区分、資格試験の受験資格、試験の内容などを紹介します。POP広告クリエイターの資格取得なら、資格DBにお任せください。



POP広告クリエイターの資格取得ガイド

POP広告クリエイターとは、字やイラストを使って商品の特性を店のメッセージとして伝える販売を間接的に促進する技術能力を見極める資格。レタリング・イラスト技術、色彩におけるセンスだけでなく、消費者の心理を的確に読み、商品やサービスを効果的にPRする能力が求められる。


資格区分

民間資格

受験資格

POP広告クリエイターの受験資格は以下の通りです。

誰でも受検できる
(実務経験は1年以上程度あることが望ましいが、専門学校等で学習していれば受験可能)

資格試験内容

店舗、サービス機関等における販売促進知識及び、販売促進ツール、コミュニケーションツールとしてのPOP広告作成に必要な知識が求められる。

[学科] 正誤法、50問、30分。
(1)販売促進一般とPOP広告。
(2)POP広告の種類と役割(取り付け場所による分類)。
(3)POP広告作成の知識一般。
(4)用具、用紙(種類、用途及び使用方法)。
(5)POP広告の展示方法。

[実技] 手書きによるPOP広告作成、160分。
POP広告構成能力(商品・事項を的確に表現できる)、POP広告作成技術。
(1)レタリング(角ゴシック・丸ゴシック・装飾文字等の手書きで、レタリングを工夫でき、コピー内容に沿った「らしさ」「性格」を表現できる)。
(2)レイアウト(見やすい工夫、余白バランスをとることができる)。
(3)コピー(主旨を的確に表現でき、独創性がある)。
(4)配色(少ない色数で効果を出せる)。
(5)訴求力(ひと目で内容が理解できるように作成できる)。

※合格ラインは、学科、実技それぞれ100点満点で各60点以上となる。

受験申込期間

5月中旬~6月下旬。12月上旬~良くんん1月中旬。

試験実施日

8月上旬。2月中旬。

試験地

札幌、新潟、東京、名古屋、かなz羽、大阪、福岡。(予定)

受験料

5250円。

合格率

65%

資格関連書籍

POP広告クリエイター関連の人気書籍

お問い合わせ先

POP広告クリエイターについての資格試験に関するお問い合わせは以下の公式問い合わせ機関にお問い合わせください。

(社)公開経営指導協会 技能審査係試験事務センター

POP広告クリエイターについて

POP広告クリエイターに関する情報は作成日時点(更新時点)のデータにより作成しております。情報の正確性については配慮しておりますが、完全性については保証いたしません。また、一部情報が古くなっている場合もあります。POP広告クリエイターの内容について誤り等がございましたら、「ご連絡フォーム」よりご指摘いただければ幸いでございます。