ベビーシッター認定資格

ベビーシッター認定資格に関する資格試験情報を掲載しています。資格の区分、資格試験の受験資格、試験の内容などを紹介します。ベビーシッター認定資格の資格取得なら、資格DBにお任せください。



ベビーシッター認定資格の資格取得ガイド

ベビーシッター認定資格とは、子どもを預かり保育するのに必要な一定以上の知識・技術の持ち主であることを証明する資格。

資格区分

民間資格

受験資格

ベビーシッター認定資格の受験資格は以下の通りです。

次の4つの条件を満たしていること。
・満18歳以上の者。
・協会の研修Ⅰ(新任研修)を受講し、修了証を所持していること。
・協会の研修Ⅱ(現任Ⅰ研修)を受講し、修了証を所持していること。
・ベビーシッターの実務経験を持つ者。

資格試験内容

[筆記]
選択式(40問)、記述式(1問)
・乳幼児の発達
・健康管理
・事故を未然に防ぐ工夫 など

試験時間は90分である。
研修Ⅰ・Ⅱで履修した16科目全般から、ベビーシッターとしての基礎的知識・技術をはじめ在宅保育・個別保育の特性、及び専門性を配慮し、ベビーシッターとしての専門的知識及び技術に関して必要不可欠な事項についての出題となる。
技術についての実技試験は行われず、筆記試験のみが実施される。

※合格者には「ベビーシッター認定証」が交付される。
登録の有効期間は5年間で、5年ごとに更新研修を受講することで資格登録証の更新が可能。
更新時の料金は4000円となる。

[申し込み方法]
認定試験受験料を郵便為替で振り込み、認定試験受験及び登録申込書1通を協会宛に郵送する。

受験申込期間

試験期日の約2ヶ月前から約1ヶ月前まで

試験実施日

7月上旬

試験地

東京、大阪、ほか。

受験料

15000円

合格率

不明

資格関連書籍

ベビーシッター認定資格関連の人気書籍

お問い合わせ先

ベビーシッター認定資格についての資格試験に関するお問い合わせは以下の公式問い合わせ機関にお問い合わせください。

(社)全国ベビーシッター協会

ベビーシッター認定資格について

ベビーシッター認定資格に関する情報は作成日時点(更新時点)のデータにより作成しております。情報の正確性については配慮しておりますが、完全性については保証いたしません。また、一部情報が古くなっている場合もあります。ベビーシッター認定資格の内容について誤り等がございましたら、「ご連絡フォーム」よりご指摘いただければ幸いでございます。