高等学校卒業程度認定試験

高等学校卒業程度認定試験に関する資格試験情報を掲載しています。資格の区分、資格試験の受験資格、試験の内容などを紹介します。高等学校卒業程度認定試験の資格取得なら、資格DBにお任せください。



高等学校卒業程度認定試験の資格取得ガイド

高等学校卒業程度認定試験とは、高等学校を卒業していない人が、卒業と同じ程度の学力があるかどうかを認定する試験。合格者は大学・短大・専門学校を受験することが可能。

資格区分

国家資格

受験資格

高等学校卒業程度認定試験の受験資格は以下の通りです。

試験実施年度(4月1日から翌年3月31日)の終わりまでに満16歳以上になる者。
全日制高等学校在籍生徒でも受験可能。ただし、満18歳に達していない者が全ての科目に合格したときは、18歳の誕生日から合格者となる。
すでに大学入学資格を持っている者の受験はできない。

資格試験内容

[試験科目]

(1)国語
(2)世界史A.Bのうち1科目
(3)日本史A.B、地理A.Bのうち1科目
(4)現代社会、倫理、政治・経済のうち、現代社会1科目、又は倫理及び政治・経済の2科目
(5)数学
(6)理科総合、物理Ⅰ、科学Ⅰ、生物Ⅰ、地学Ⅰのうち2科目
(7)英語

[試験の一部免除]
既に、高等学校等で単位を修得した者などは、出願の際に必要な証明書を願書に添付することで一部科目の免除を受けることができる。

[申込み方法]
願書などを、文部科学省生涯学習推進課に書留郵便にて提出する。

受験申込期間

第1回:5月中旬~下旬。第2回:9月上旬~中旬。

試験実施日

第1回:8月上旬の2日間。第2回:11月中旬の2日間。

試験地

各都道府県1会場

受験料

[7科目以上]8500円。[4科目以下]6500円。[3科目以下]4500円。

合格率

不明

資格関連書籍

高等学校卒業程度認定試験関連の人気書籍

お問い合わせ先

高等学校卒業程度認定試験についての資格試験に関するお問い合わせは以下の公式問い合わせ機関にお問い合わせください。

文部科学省生涯学習政策局生涯学習推進課認定試験第二係
http://www.mext.go.jp/

高等学校卒業程度認定試験について

高等学校卒業程度認定試験に関する情報は作成日時点(更新時点)のデータにより作成しております。情報の正確性については配慮しておりますが、完全性については保証いたしません。また、一部情報が古くなっている場合もあります。高等学校卒業程度認定試験の内容について誤り等がございましたら、「ご連絡フォーム」よりご指摘いただければ幸いでございます。