国立国会図書館職員

国立国会図書館職員に関する資格試験情報を掲載しています。資格の区分、資格試験の受験資格、試験の内容などを紹介します。国立国会図書館職員の資格取得なら、資格DBにお任せください。



国立国会図書館職員の資格取得ガイド

国立国会図書館職員とは、国会職員として国立国会図書館の管理、運営にあたるための資格。
図書館資料の収集・整理をはじめ、国会の立法・案件の分析、審議のための調査や資料収集なども行う。

資格区分

国家資格

受験資格

国立国会図書館職員の受験資格は以下の通りです。

[Ⅲ種]
受験年の4月1日現在、17歳以上23歳未満で、高校、中等教育学校、短大、高専を卒業または翌年卒業見込みか、館長がそれと同等の資格があると認める者。(大卒以上の学歴を有するもの、また翌年卒業見込みの者は受験できない。)
[Ⅱ種(技術)]
受験年の4月1日現在、17歳以上27歳未満の者。
[Ⅱ種]
受験年の4月1日現在、(1)21歳以上29歳未満の者、(2)21歳未満で大学、短大、高専を卒業または翌年卒業見込みか、館長がそれと同等の資格があると認める者。
[Ⅰ種]
受験年の4月1日現在、(1)21歳以上29歳未満、(2)21歳未満で、大学を卒業または翌年卒業見込みか、館長がそれと同等の資格があると認める者。

資格試験内容

[Ⅲ種]
[1次](1)教養(多肢選択式)。(2)英語(記述式)。(3)作文(800文字)。
[2次](1)面接。(2)性格検査。

[Ⅱ種(技術)]
[1次](1)教養(多肢選択式)。(2)専門:電気(多肢選択式)
[2次](1)面接。(2)性格検査。

[Ⅱ種・Ⅰ種]
[1次]教養(多肢選択式)
[2次](1)専門:以下の科目から受験者があらかじめ選択する1科目についての筆記試験。
科目:法学(憲法、民法、行政法、国際法から受験時に2科目目選択)、政治学、経済学、社会学、文学、史学(日本史、東洋史、西洋史から受験時に1科目目選択)、図書館情報学、物理学、化学、数学、工学・情報工学(工学全般、情報工学から受験時に1科目目選択)、生物学。
(2)英語(記述式)。(3)性格検査。(4)面接(2回)。
[3次]面接

受験申込期間

[Ⅲ種・Ⅱ種(技術)]8月下旬~9月上旬。[Ⅱ種・Ⅰ種]4月上旬~中旬。

試験実施日

[Ⅲ種]1次:9月下旬。2次:10月下旬。[Ⅲ種(技術)]1次:9月下旬。2次:10月中旬。[Ⅱ種・Ⅰ種]1次:5月中旬。2次:6月下旬~7月上旬。3次:7月下旬~8月上旬。

試験地

東京、京都(Ⅲ種、Ⅱ種(技術)、Ⅱ種、Ⅰ種の1次のみ)。f

受験料

合格率

1%

資格関連書籍

国立国会図書館職員関連の人気書籍

お問い合わせ先

国立国会図書館職員についての資格試験に関するお問い合わせは以下の公式問い合わせ機関にお問い合わせください。

国立国会図書館総務部人事課任用係
http://www.ndl.go.jp/

国立国会図書館職員について

国立国会図書館職員に関する情報は作成日時点(更新時点)のデータにより作成しております。情報の正確性については配慮しておりますが、完全性については保証いたしません。また、一部情報が古くなっている場合もあります。国立国会図書館職員の内容について誤り等がございましたら、「ご連絡フォーム」よりご指摘いただければ幸いでございます。