オラクルマスター

オラクルマスターに関する資格試験情報を掲載しています。資格の区分、資格試験の受験資格、試験の内容などを紹介します。オラクルマスターの資格取得なら、資格DBにお任せください。



オラクルマスターの資格取得ガイド

オラクルマスターとは、日本オラクルがオラクル製品に関する技術者を認定する制度。4つのレベルに分けられ、国際的に評価される。

資格区分

民間資格

受験資格

オラクルマスターの受験資格は以下の通りです。

誰でも受験可能

資格試験内容

[試験内容と認定基準]

[Bonze Oracle Database 10g]
(試験内容) Bronze DBA10gとBronzeSQL基礎Ⅰの2の試験。
(認定基準) オラクル技術基礎レベル。SQL言語によってデータの操作や基本的なオブジェクト操作ができ、Oracle Database10gをデータベース管理者の指導のもとで管理操作が可能な知識を持つ技術者。

[Silver Oracle Database 10g]
(試験内容) Silver DBA10g
(認定基準) データベース管理の中級レベル。Oracle Darabase10gのインストールや管理者として必要な知識を持つ技術者。

[Gold Oracle Database10g]
(試験内容) Gold DBA10g
(認定基準) データベース管理の上級レベル。Oracle Database10gを効率的に運用するためのパフォーマンス診断やそれに基づくチューニング、各種リソースの管理に関する知識を有する技術者。障害状況に応じたリカバリの実施などを行うための知識も必要となる。

[Platinum Oracle Database10g]
(試験内容) 実技試験
(認定基準) データベース管理エキスパートレベル。実務エキスパートとしての技術力をもつOracle技術者。

受験申込期間

試験実施日

随時

試験地

全国主要都市のアール・プロメトリック(株)公認試験会場、または日本オラクル直営会場

受験料

[Bronze,Silver,Gold]1試験:15750円。[Platinum]231000円。

合格率

不明

資格関連書籍

オラクルマスター関連の人気書籍

お問い合わせ先

オラクルマスターについての資格試験に関するお問い合わせは以下の公式問い合わせ機関にお問い合わせください。

日本オラクル(株) オラクルユニバーシティ
http://www.oracle.co.jp/education/

オラクルマスターについて

オラクルマスターに関する情報は作成日時点(更新時点)のデータにより作成しております。情報の正確性については配慮しておりますが、完全性については保証いたしません。また、一部情報が古くなっている場合もあります。オラクルマスターの内容について誤り等がございましたら、「ご連絡フォーム」よりご指摘いただければ幸いでございます。