獣医師

獣医師に関する資格試験情報を掲載しています。資格の区分、資格試験の受験資格、試験の内容などを紹介します。獣医師の資格取得なら、資格DBにお任せください。



獣医師の資格取得ガイド

獣医師とは、飼育動物の診療をはじめ、講習衛生面での指導、野生動物の保護、希少動物の人工繁殖など、動物に関しての幅広い活躍を行うための資格。

資格区分

国家資格

受験資格

獣医師の受験資格は以下の通りです。

(1)現行の大学の獣医学の正規課程(6年制)を修めて卒業した者(試験日までに卒業が決定した者を含む)。
(2)外国の獣医学校を卒業、または外国で獣医師の免許を取得した者で、獣医事審議会が獣医師法の規定に基づき認定した者。
(3)獣医師国家試験予備試験に合格した者。(なお、外国の獣医学校を卒業、または外国で獣医師の免許を取得した者で、獣医事審議会の認定を受けた者でなければ獣医師国家試験予備試験を受験することはできない。)

資格試験内容

飼育動物の診療上必要な獣医学ならびに、獣医師として必要な公衆衛生に関する知識・技能について、次の基準で学説試験と実地試験に分けて筆記試験が行われる。
学説180問、実地120問、いずれも多肢選択、マークシート式。

(1)獣医療の基本的事項:獣医倫理と動物福祉、関係法規。
(2)獣医学の基本的事項:構造と機能、薬理作用と毒性作用、生殖と成熟、病原体と寄生体、発祥機序と病理・病態、主要症候、検査と診断、治療と処置。
(3)衛生学に関する事項:公衆衛生と家畜衛生、食品衛生、人畜共通感染症、動物の飼育・衛生管理、魚類の飼育・衛生管理、環境衛生。
(4)獣医学の臨床的事項:感染症、中毒、呼吸器系の疾患、循環器系の疾患、消化器系の疾患、泌尿器系の疾患、繁殖障害と生殖器系の疾患、ほか。

受験申込期間

試験実施日

3月上旬の2日間(官報で公示される)

試験地

札幌、東京、福岡

受験料

13900円

合格率

85%

資格関連書籍

獣医師関連の人気書籍

お問い合わせ先

獣医師についての資格試験に関するお問い合わせは以下の公式問い合わせ機関にお問い合わせください。

農林水産省消費・安全局畜水産安全管理課獣医事班

獣医師について

獣医師に関する情報は作成日時点(更新時点)のデータにより作成しております。情報の正確性については配慮しておりますが、完全性については保証いたしません。また、一部情報が古くなっている場合もあります。獣医師の内容について誤り等がございましたら、「ご連絡フォーム」よりご指摘いただければ幸いでございます。