情報検索応用能力試験(旧データベース検索技術者)

情報検索応用能力試験(旧データベース検索技術者)に関する資格試験情報を掲載しています。資格の区分、資格試験の受験資格、試験の内容などを紹介します。情報検索応用能力試験(旧データベース検索技術者)の資格取得なら、資格DBにお任せください。



情報検索応用能力試験(旧データベース検索技術者)の資格取得ガイド

情報検索応用能力試験(旧データベース検索技術者)とは、情報検索とその結果の評価、加工に関する知識や技能、企画力・コンサルティング能力を客観的に認定する資格試験。2003年度より、新名称・新試験内容での実施となっている。

資格区分

民間資格

受験資格

情報検索応用能力試験(旧データベース検索技術者)の受験資格は以下の通りです。

[2級]誰でも受験可能。
[1級]2級合格者。

資格試験内容

[2級]
筆記
(1)ITに関する知識:コンピュータ・通信技術・インターネットに関する知識。
(2)情報検索技術に関する知識と実践:情報源の選択能力、データベース・検索システムに関する知識、ほか。
(3)主題知識と応用:専門分野の検索主題の解析能力、出力結果の分析能力、ほか。
(4)情報源と情報流通の知識と応用:情報の流通に関する知識、ほか。
(5)英語能力:英文データベース出力の解読力、英文マニュアルの解読力。
(6)論文執筆・プレゼンテーション:思考過程を簡潔に表現する文章作成能力。

[1級]
(1次)筆記
(1)ITに関する知識:通信技術・インターネット・セキュリティに関する知識。
(2)情報検索技術に関する知識と実践:情報源の選択・経済的評価能力、専門別データベースに関する知識、高度な検索技術の実施能力、ほか。
(3)主題知識と応用:専門分野の主題知識、専門分野の法規制に関する知識、専門分野の最新知識の把握、専門分野周辺領域の主題知識。
(4)情報源と情報流通の知識と応用:専門分野の情報源・データベース構築・ホームページ作成・著作権に関する知識。
(5)英語能力:情報検索に関する英文解読力、英語での情報発信能力、ほか。
(6)論文執筆・プレゼンテーション:小論文執筆能力、口頭発表能力、ほか。
(7)教育・指導能力:エンドユーザー教育とサーチャー教育の企画・運営能力、インハウスにおける教育・企画指導能力。
(2次)
面接:提出した論文を中心とした口頭試問、情報検索関連業務についての思考・企画力・プレゼンテーション能力を問う。

受験申込期間

試験実施日

[2級・1級1次]11月下旬。[1級2次]翌年2月中旬。

試験地

[2級・1級1次]つくば、東京、名古屋、大阪、福岡。
[1級2次]東京。

受験料

[2級]6000円。[1級]10000円。

合格率

44%

資格関連書籍

情報検索応用能力試験(旧データベース検索技術者)関連の人気書籍

お問い合わせ先

情報検索応用能力試験(旧データベース検索技術者)についての資格試験に関するお問い合わせは以下の公式問い合わせ機関にお問い合わせください。

(社)情報科学技術協会試験係
http://www.infosta.or.jp/

情報検索応用能力試験(旧データベース検索技術者)について

情報検索応用能力試験(旧データベース検索技術者)に関する情報は作成日時点(更新時点)のデータにより作成しております。情報の正確性については配慮しておりますが、完全性については保証いたしません。また、一部情報が古くなっている場合もあります。情報検索応用能力試験(旧データベース検索技術者)の内容について誤り等がございましたら、「ご連絡フォーム」よりご指摘いただければ幸いでございます。