DTPエキスパート

DTPエキスパートに関する資格試験情報を掲載しています。資格の区分、資格試験の受験資格、試験の内容などを紹介します。DTPエキスパートの資格取得なら、資格DBにお任せください。



DTPエキスパートの資格取得ガイド

DTPエキスパートとは、DTP技術を通して、「よりよい印刷物を作る」ために必要な製版・印刷から、コンピュータ知識全般を修得したことを認めるための認定試験。

資格区分

民間資格

受験資格

DTPエキスパートの受験資格は以下の通りです。

DTPに関心のある者なら誰でも受験可能

資格試験内容

[試験内容]

(筆記試験) マークシート方式
(1)DTP関連知識:DTPの役割、PDL/フォント、DTP作業
(2)印刷発注側知識:編集、デザイン
(3)印刷工程知識:印刷の一般、祖版、製版、スキャナ
(4)色の知識:色
(5)コンピュータ関連知識:コンピュータ、アプリケーション、通信

[課題制作]
試験当日、協会より課題材料が渡される。
持ち帰って、試験日から3週間以内に制作物をプリントアウトしたものに、制作指示書を添付して協会へ郵送する。

受験申込期間

1月中旬~2月中旬。6月中旬~7月中旬。

試験実施日

[試験のみ][集中講義付き試験]年2回:3月の日曜日。8月の日曜日。※集中講義は、試験当日の筆記試験直前に実施される。

試験地

3月:東京、名古屋、大阪、福岡及び指定講座会場。
8月:札幌、仙台、東京、名古屋、大阪、福岡及び指定講座会場。

受験料

[試験のみ]20000円。[集中講義付き試験]70000円。

合格率

44%

資格関連書籍

DTPエキスパート関連の人気書籍

お問い合わせ先

DTPエキスパートについての資格試験に関するお問い合わせは以下の公式問い合わせ機関にお問い合わせください。

(社)日本印刷技術協会DTPエキスパート認証・登録事務局
http://www.jagat.jp/expert/

DTPエキスパートについて

DTPエキスパートに関する情報は作成日時点(更新時点)のデータにより作成しております。情報の正確性については配慮しておりますが、完全性については保証いたしません。また、一部情報が古くなっている場合もあります。DTPエキスパートの内容について誤り等がございましたら、「ご連絡フォーム」よりご指摘いただければ幸いでございます。