マルチメディア検定

マルチメディア検定に関する資格試験情報を掲載しています。資格の区分、資格試験の受験資格、試験の内容などを紹介します。マルチメディア検定の資格取得なら、資格DBにお任せください。



マルチメディア検定の資格取得ガイド

マルチメディア検定とは、インターネットなどを活用し、ディジタル情報でコミュニケーションするうえで必要な知識と技能を評価する検定試験。

資格区分

民間資格

受験資格

マルチメディア検定の受験資格は以下の通りです。

誰でも受験可能。

資格試験内容

コンピュータや周辺機器、インターネット、ディジタルコンテンツ、知的財産権、マルチメディアの社会応用などに関する幅広い知識が問われる。

[ベーシック(3級)]マークシート10問、70分。
ITやマルチメディアに関する基礎知識の理解度を評価。人材レベルはビジネスや生活の場でITやマルチメディアを活用するうえでの基礎知識があるかどうか。
(1)マルチメディアの特徴
(2)マルチメディアの中核をなすパーソナルコンピュータ
(3)マルチメディアの処理ソフト
(4)新たなインフラとなったインターネット
(5)基礎的なインターネットサービス
(6)急速に伸びるインターネットビジネス
(7)マルチメディア端末へと進化する携帯電話
(8)家庭のマルチメディア化
(9)セキュリティと著作権

[エキスパート(2級)]マークシート13問、120分。
ITやマルチメディアに関する専門的な知識と応用力を評価。人材レベルはITやマルチメディア全般の専門知識をビジネスの場で活用することができるレベルかどうか。
(1)マルチメディアの基礎
(2)メディアの処理技術
(3)コンピュータとインターネット
(4)コンテンツ制作とプログラミング
(5)Webサイト構築と運用
(6)生活を豊かにする道具
(7)インターネットの応用
(8)マルチメディアとIT社会

受験申込期間

前期:4月上旬~5月下旬。後期:9月上旬~10月上旬。

試験実施日

前期:7月上旬。後期:11月下旬。

試験地

全国約300会場

受験料

[ベーシック]4500円。[エキスパート]5500円。

合格率

52%

資格関連書籍

マルチメディア検定関連の人気書籍

お問い合わせ先

マルチメディア検定についての資格試験に関するお問い合わせは以下の公式問い合わせ機関にお問い合わせください。

CG-ARTS協会((財)画像情報教育振興協会)検定実施センター
http://www.cgarts.or.jp/

マルチメディア検定について

マルチメディア検定に関する情報は作成日時点(更新時点)のデータにより作成しております。情報の正確性については配慮しておりますが、完全性については保証いたしません。また、一部情報が古くなっている場合もあります。マルチメディア検定の内容について誤り等がございましたら、「ご連絡フォーム」よりご指摘いただければ幸いでございます。