DTP検定

DTP検定に関する資格試験情報を掲載しています。資格の区分、資格試験の受験資格、試験の内容などを紹介します。DTP検定の資格取得なら、資格DBにお任せください。



DTP検定の資格取得ガイド

DTP検定とは、パソコンを使って、雑誌や書籍、パンフレットなどの原稿の作成、写真や画像の処理、デザインなどの作業を行うDTPの作業能力を認定する資格試験。

資格区分

民間資格

受験資格

DTP検定の受験資格は以下の通りです。

誰でも受験可能

資格試験内容

[試験内容](※筆記試験はCBT方式 )

[Ⅰ種](プロフェッショナルDTP)90分
目的:様々な商業印刷を目的とした自由なレイアウトの作成
対象:デザイナー、オペレーター、クリエイター、編集者など
対象OS:Macintosh。使用ソフト:QuarkXPress.Adobe illustrator.Adobe Photoshop

[Ⅱ種](ディレクションDTP)90分
目的:様々な商業印刷物作成のディレクション業務
対象:編集者、広報宣伝担当者、進行担当者、クリエイティブ責任者など
対象OS:Macintosh、Windows。

[Ⅲ種](ビジネスDTP)60分
目的:読みやすく訴求力のあるレイアウト作成(色彩・フォント・画像データ・出力の知識)
対象:規格、営業、事務職など(企画・提案書・チラシ、POPなどを作成する人)
対象OS:Windows。使用ソフト:Microsoft Word。

※合格者には2年ごとに資格更新手続きの必要がある。

受験申込期間

試験実施日

随時

試験地

アール・プロメトリックテストセンター(全国約200会場)

受験料

[Ⅰ種]16500円。[Ⅱ種]13600円。[Ⅲ種]11800円。

合格率

40%

資格関連書籍

DTP検定関連の人気書籍

お問い合わせ先

DTP検定についての資格試験に関するお問い合わせは以下の公式問い合わせ機関にお問い合わせください。

DTP検定事務職

DTP検定について

DTP検定に関する情報は作成日時点(更新時点)のデータにより作成しております。情報の正確性については配慮しておりますが、完全性については保証いたしません。また、一部情報が古くなっている場合もあります。DTP検定の内容について誤り等がございましたら、「ご連絡フォーム」よりご指摘いただければ幸いでございます。