TOEIC Bridge

TOEIC Bridgeに関する資格試験情報を掲載しています。資格の区分、資格試験の受験資格、試験の内容などを紹介します。TOEIC Bridgeの資格取得なら、資格DBにお任せください。



TOEIC Bridgeの資格取得ガイド

TOEIC Bridgeとは、TOEICテストへの架け橋という意味を込めた、基礎的なコミュニケーション英語能力を評価するための世界共通の試験。

資格区分

民間資格

受験資格

TOEIC Bridgeの受験資格は以下の通りです。

誰でも受験できる。

資格試験内容

[リスニングセクション](50問・25分間)
PartⅠ:写真描写問題(Photographs)15問
1枚の写真についてあなうんっされた4つの短い説明文の中から、最も的確に写真を描写しているものを選ぶ。
PartⅡ:応答問題(Question-Response)20問
1つの質問についてアナウンスされた3つの答えの中から、最もふさわしいものを選ぶ。
PartⅢ:会話問題(Short Conversations and Short Talks)15問
会話や説明文などがアナウンスされたものを聞き、印刷された質問を読んで、4つの答えの中から最も適当なものを選ぶ。

[リーディングセクション](50問、35分)
PartⅣ:文法・語彙問題(Incomplete Sentences)30問。
不完全な文章を完成させるために、4つの答えの中から最も適当なものを選ぶ。
PartⅤ:読解問題(Reading Comprehension)20問。
文章について出された質問を読み、4つの答えの中から最も適当なものを選ぶ。

※テスト結果は2点刻みで表示され、リスニング10~90点、リーディング10~90点、トータル20~180点となる。

[申込み方法]
インターネットでの申し込みか、郵送での申込みとなる。
インターネットの場合:http://www.toeic.or.jp

受験申込期間

試験実施日

年4回:6月、9月、11月、3月。

試験地

札幌、仙台、埼玉、千葉、東京、神奈川、名古屋、京都、大阪、神戸、岡山、広島、福岡。

受験料

4200円

合格率

不明

資格関連書籍

TOEIC Bridge関連の人気書籍

お問い合わせ先

TOEIC Bridgeについての資格試験に関するお問い合わせは以下の公式問い合わせ機関にお問い合わせください。

(財)国際ビジネスコミュニケーション協会 TOEIC運営委員会 TOEIC Bridge事務局
http://www.toeic.or.jp

TOEIC Bridgeについて

TOEIC Bridgeに関する情報は作成日時点(更新時点)のデータにより作成しております。情報の正確性については配慮しておりますが、完全性については保証いたしません。また、一部情報が古くなっている場合もあります。TOEIC Bridgeの内容について誤り等がございましたら、「ご連絡フォーム」よりご指摘いただければ幸いでございます。