TOPEC

TOPECに関する資格試験情報を掲載しています。資格の区分、資格試験の受験資格、試験の内容などを紹介します。TOPECの資格取得なら、資格DBにお任せください。



TOPECの資格取得ガイド

TOPECとは、専門的な業務領域における英語能力を測定する試験。「プロフェッショナル・イングリッシュ」を測るための資格となっている。

資格区分

民間資格

受験資格

TOPECの受験資格は以下の通りです。

誰でも受験可能

資格試験内容

[エンジニアリング]、[IT]、[ファイナンシャル]、[メディカル]、[リーガル]、[ツーリズム]、[マスメディア]、[スポーツ]、[ファインアート]の9領域で行われる。
[エンジニアリング]、[IT]以外は2008年以降、順次実施予定。

[Listening]多肢選択式、60問、35分
[Structure&Vocabulary]多肢選択式、40問、25分
[Reading]多肢選択式、20問30分
[Writing]記述式、20問、、30分

レベルは下記の通り。ESPDC(米国)の基準に基づいている。

[レベルⅤ]50%未満
どの分野の技能も十分発揮させられない。一般基礎英語の学習が必要。
[レベルⅣ]50%以上
職業別分野の英語の聴解力、文法、語彙のいずれも弱く、英語の文章を読むにも時間を要し、完全な理解ができない。書くこと、話すことも困難。
[レベルⅢ]60%以上
職業別分野の英語聴解力は許容範囲内にあるが、眺めの文章や込み入った表現は、その理解に限界がある。口頭でのやりとりはほぼ可能。
[レベルⅡ]70%以上
職業別分野の英語を聴いてほとんど理解でき、文法上の構文を操ることが多少時間がかかるがある程度できる。口頭での交渉を含むやり取りが可能。
[レベルⅠ]85%以上
職業別分野の英語の聴解力に優れ、文法上の構文を操れ、文書を読みこなす十分な語彙力と読解力を有する。口頭での交渉を含むやり取りもこなせる。

受験申込期間

試験実施日

年2回:7月、翌年1月。

試験地

東京、大阪

受験料

[エンジニア]、[IT]:各7800円。

合格率

不明

資格関連書籍

TOPEC関連の人気書籍

お問い合わせ先

TOPECについての資格試験に関するお問い合わせは以下の公式問い合わせ機関にお問い合わせください。

特定日営利活動法人

TOPECについて

TOPECに関する情報は作成日時点(更新時点)のデータにより作成しております。情報の正確性については配慮しておりますが、完全性については保証いたしません。また、一部情報が古くなっている場合もあります。TOPECの内容について誤り等がございましたら、「ご連絡フォーム」よりご指摘いただければ幸いでございます。