国連職員

国連職員に関する資格試験情報を掲載しています。資格の区分、資格試験の受験資格、試験の内容などを紹介します。国連職員の資格取得なら、資格DBにお任せください。



国連職員の資格取得ガイド

国連職員とは、国際機関で働く職員を国際公務員といい、その代表となる国連職員として働くための資格。ほとんどが中途採用の形をとっており、年齢・経験にふさわしい役職を狙える。転職者にとっては有利な仕事の一つであるといえる。

資格区分

公的資格

受験資格

国連職員の受験資格は以下の通りです。

[国際職員採用競争試験](P1/P2レベル)
(1)日本国籍を有し、試験実施年12月31日現在32歳の者。
(2)受験分野の学士号以上の学位を有する者。
(3)英語又はフランス語で職務遂行ができる者。

資格試験内容

[試験内容]
[国際職員採用競争試験](P1/P2レベル)
[書類審査]
[筆記] 教養・専門試験(英語またはフランス語による試験)
[面接] 英語またはフランス語による面接。
※書類審査合格者が筆記試験受験資格を与えられ、筆記試験合格者が面接試験受験資格を与えられる。

[募集方法]
国連職員になるには次の方法がある。
(1)空席広告への応募
(2)若手職員採用の国連職員採用競争試験
(3)邦人職員採用ミッション
その他に、国際公務員になるための日本の外務省独自の制度として、次の制度もある。
(1)ロスター登録制度(応募希望者の経歴を登録し、適切な空席ポストが発生次第連絡する。)
(2)アソシエート・エキスパート等派遣制度(将来正規職員を希望する35歳以下の若手邦人を対象に、一定期間(原則2年間)国際機関職員として実務経験の機会を提供する。)

受験申込期間

[国連職員採用競争]7月~9月頃

試験実施日

[国際職員採用競争試験](P1/P2レベル)(筆記)例年2月上旬頃。(面接)国連側別途通知。

試験地

[筆記]:東京、ニューヨーク、ジュネーブ、バンコク、ほか。
[面接]:ニューヨーク、ほか。

受験料

合格率

不明

資格関連書籍

国連職員関連の人気書籍

お問い合わせ先

国連職員についての資格試験に関するお問い合わせは以下の公式問い合わせ機関にお問い合わせください。

外務省国際社会協力部 国際機関人事センター
http://www.mofa-irc.go.jp/

国連職員について

国連職員に関する情報は作成日時点(更新時点)のデータにより作成しております。情報の正確性については配慮しておりますが、完全性については保証いたしません。また、一部情報が古くなっている場合もあります。国連職員の内容について誤り等がございましたら、「ご連絡フォーム」よりご指摘いただければ幸いでございます。