国際公務員(アソシエート・エキスパート等派遣制度)

国際公務員(アソシエート・エキスパート等派遣制度)に関する資格試験情報を掲載しています。資格の区分、資格試験の受験資格、試験の内容などを紹介します。国際公務員(アソシエート・エキスパート等派遣制度)の資格取得なら、資格DBにお任せください。



国際公務員(アソシエート・エキスパート等派遣制度)の資格取得ガイド

国際公務員(アソシエート・エキスパート等派遣制度)とは、将来正規の国際公務員を志望する若手邦人のために、一定期間各国際機関で職員として勤務することにより、国際機関における正規職員となるために必要な知識・経験を習得する機会を提供する制度。毎年、専攻試験に合格した者を原則として国連システム内の国際期間等に派遣している。

資格区分

国家資格

受験資格

国際公務員(アソシエート・エキスパート等派遣制度)の受験資格は以下の通りです。

(1)年齢が試験実施年の4月1日現在、35歳以下の者。
(2)大学院修士課程修了の者(よくんん6月までに修了見込みの者を含む)。
(3)英語又はウランス後のうち、少なくとも1カ国語で職務遂行が可能な者。これに加えて、他の国連公用語のできる者は選考の際に考慮される。
(4)将来にわたり、国際機関で働く意思を有する者。
(5)日本国籍を有する者。
※経歴については、学位取得分野が文学、体育、芸術または語学のみの者は対象とならないなど、詳細な規定があるのでホームページなどで確認のこと。
派遣制度は勤務期間(2年間)終了後に、自動的に国際機関の正規職員になることが保障されるものではない。正規職員となるためには、通常の手続きに従って空席ポストに応募して採用される必要がある。

資格試験内容

[試験内容]
[第1次試験](書面審査)
[語学審査]英語、フランス語から選択。
英語:TOEFLスコアまたは国連英検特A級を合格した際の第1・2次試験結果通知書を指定期日内に提出する。
フランス語:TEF(パリ商工会議所主催のフランス語能力認定試験)スコアを指定期日内に提出する。

[第2次審査]
[面接審査] 第1次合格者のみ。

受験申込期間

4月上旬~7月上旬

試験実施日

[面接審査]9月中旬~10月上旬

試験地

[語学審査]英語(TOEFL)・フランス語:世界各地。
国際英検特A級:日本全国主要都市。
[面接審査]東京、ジュネーブ、ニューヨークから選択。

受験料

合格率

不明

資格関連書籍

国際公務員(アソシエート・エキスパート等派遣制度)関連の人気書籍

お問い合わせ先

国際公務員(アソシエート・エキスパート等派遣制度)についての資格試験に関するお問い合わせは以下の公式問い合わせ機関にお問い合わせください。

外務省国際社会協力部 国際機関人事センター
http://www.mofa-irc.go.jp/

国際公務員(アソシエート・エキスパート等派遣制度)について

国際公務員(アソシエート・エキスパート等派遣制度)に関する情報は作成日時点(更新時点)のデータにより作成しております。情報の正確性については配慮しておりますが、完全性については保証いたしません。また、一部情報が古くなっている場合もあります。国際公務員(アソシエート・エキスパート等派遣制度)の内容について誤り等がございましたら、「ご連絡フォーム」よりご指摘いただければ幸いでございます。