MBA

MBAに関する資格試験情報を掲載しています。資格の区分、資格試験の受験資格、試験の内容などを紹介します。MBAの資格取得なら、資格DBにお任せください。



MBAの資格取得ガイド

MBAとは、「Master of Business Administration」の略で経営学修士号のことを指す。大学院レベルで経営学を学び、将来のマネージャー、リーダーを育成することを目的としたプログラムのこと。

資格区分

受験資格

資格試験内容

[取得方法]
経営大学院(ビジネススクール)は、経営学の理論と実践を学ぶことで、変化する経済環境に効率的に対処でき、優れた経営管理能力を備えた管理職の養成を目的とする。
アメリカの一般的ビジネススクールに入学し、取得する場合は次の通り。
[必要書類]
(1)学士号(専攻は問わない)
(2)大学での成績(GPA)
(3)GMAT:英語、数学、Analytical Writingの3科目
(4)小論文(essay):必ず本人の作成。英語能力:文章構成力が評価される。文法・スペルミスなど入念なチェックが必要とされる。
(5)推薦状(letter of recommendation):一般に3通(職場関係、大学関係、その他。)スクール側の基本的なチェックポイントは、個人の過去の業績、リーダーシップ能力、独自性・創造性。
(6)TOEFL
(7)職務経験:一般に3年以上の実務経験が必要。卒業して4~5年以上の場合はGPAよりも実務経験の中身のほうが重視される。
(8)個人の資質:エッセイや推薦状、インタビューなどで本人の経営幹部候補としての能力や資質が問われる。
(9)面接(interviw):ビジネススクールによって異なる。海外出願者には現地で実施したり、国際電話で実施する場合もある。

[授業内容]
次のカリキュラムの36~60単位を1~2年間で修得する。
(1)の必須科目を1年目に、(2)(3)の選択科目を2年目に修得する。
(1)Core(ビジネスの基本となる分野):Accounting.Finance.Marketing.Operations Reseach.human Resourse Management.
(2)Concentration(個人の興味を更に深く学ぶ分野):(1)と同じ
(3)Elective(選択分野):個人の専門・興味に沿った、より専門的な科目を選択。

受験申込期間

ビジネススクールにより異なる。全ての書類が締切日前に到着すること。

試験実施日

ビジネススクールにより異なる。

試験地

受験料

年間授業料:約100万円~(別途滞在生活費が必要)

合格率

不明

資格関連書籍

MBA関連の人気書籍

お問い合わせ先

MBAについての資格試験に関するお問い合わせは以下の公式問い合わせ機関にお問い合わせください。

フルブライト・ジャパン(日米教育委員会)留学情報サービス
http://www.fulbright.jp/

MBAについて

MBAに関する情報は作成日時点(更新時点)のデータにより作成しております。情報の正確性については配慮しておりますが、完全性については保証いたしません。また、一部情報が古くなっている場合もあります。MBAの内容について誤り等がございましたら、「ご連絡フォーム」よりご指摘いただければ幸いでございます。