米国公認会計士(CPA)

米国公認会計士(CPA)に関する資格試験情報を掲載しています。資格の区分、資格試験の受験資格、試験の内容などを紹介します。米国公認会計士(CPA)の資格取得なら、資格DBにお任せください。



米国公認会計士(CPA)の資格取得ガイド

米国公認会計士(CPA)とは、アメリカの会計基準に基づいて、会計、監査、コンサルティング業務などを行う専門家になるための資格。

資格区分

民間資格

受験資格

米国公認会計士(CPA)の受験資格は以下の通りです。

原則として4年生大学卒業者・卒業見込み者で、会計・ビジネス関連の単位を取得している者(日本の大学でも可能で、短大卒業者が受験可能な州もある)

資格試験内容

試験科目は次の4科目で、コンピュータ試験で実施される。
出題形式は択一式選択問題(7割)とシュミレーション(3割)に分かれる。
ただし、書きBEC(ビジネス)にはシュミレーションは出題されない。

[Financial Accounting & Reporting(FAR)]
財務会計・公会計(4時間)
[Regulation(REG)]
税法・商法(3時間)
[Business Environment & Concepts(BEC)]
ビジネス(2.5時間)、管理会計、情報技術、株式会社・パートナーシップ等、財務管理、経済学
[Auditing & Attestation(AUD)]
監査(4.5時間)
合格基準:各科目75点。科目合格制度があり、1科目受験も可能。

[CPA合格までの流れ]
(1)英文成績証明書の取り寄せ(卒業した大学から英文成績証明書または英文卒業証明書を取り寄せる)
(2)受験州の選定個別ガイダンス(受験しやすい州を選定し、学習プランを立てる)
(3)評価申請(卒業した大学から必要書類を取り寄せ、評価申請をする。各州によって評価機関が異なる)
(4)願書の入手(各州のホームページからプリントアウト)
(5)出願
(6)NTS(Notice to Schedule)を受け取る(受験州または試験代行機関から送付されるNTSと受け取って初めて試験日予約が可能)
(7)試験日の予約(プロメトリック・テストセンターに電話又はインターネットで予約)
(8)渡航手配
(10)CPA試験

受験申込期間

試験実施日

年4回:1・2月、4・5月、7・8月、10・11月の4期に分けられ、最大4回の受験が可能。受験可能日から希望日時を選択する。

試験地

アメリカ各州のプロメトリック・テストセンター

受験料

合格率

40~50%

資格関連書籍

米国公認会計士(CPA)関連の人気書籍

お問い合わせ先

米国公認会計士(CPA)についての資格試験に関するお問い合わせは以下の公式問い合わせ機関にお問い合わせください。

アメリカ各州の会計士委員会、または日本の受験スクール
受験スクールの場合
http://www.usedu.com/

米国公認会計士(CPA)について

米国公認会計士(CPA)に関する情報は作成日時点(更新時点)のデータにより作成しております。情報の正確性については配慮しておりますが、完全性については保証いたしません。また、一部情報が古くなっている場合もあります。米国公認会計士(CPA)の内容について誤り等がございましたら、「ご連絡フォーム」よりご指摘いただければ幸いでございます。