貿易アドバイザー

貿易アドバイザーに関する資格試験情報を掲載しています。資格の区分、資格試験の受験資格、試験の内容などを紹介します。貿易アドバイザーの資格取得なら、資格DBにお任せください。



貿易アドバイザーの資格取得ガイド

貿易アドバイザーとは、全国各地の貿易ビジネスに関心を持っている人たちを対象に、ノウハウや情報を提供し、指導・アドバイスを行うための資格。

資格区分

公的資格

受験資格

貿易アドバイザーの受験資格は以下の通りです。

[1次]原則として、3年以上貿易業務の知識と経験を有する者。
[2次]前年度及び当年度1次試験合格者。

資格試験内容

[1次] 筆記(択一式選択方・一部記述式)
(1)貿易実務
貿易代金決済関係、外国為替関係、各種保険、関税関係、貿易政策
(2)国際マーケティング
国際マーケティングの基礎知識、貿易ビジネスの進め方
(3)貿易英語
貿易英語の基礎知識、貿易マーケティング活動と取引交渉等、契約成立後の貿易実務、船積案内・書類整理(英文実例)、貿易申告・許可等(英文実例)、クレーム問題

[2次]
面接と書類審査
書類審査:職務経歴書、課題による小論文の事前提出および専門分野、資質、経験、意欲などについての総合評価

[試験の免除]
(1)日本商工会議所の商業英語検定A級合格者は、希望により1次の(3)貿易英語が免除される。
(2)1次合格者は、次年度に限り1次試験免除となる。

受験申込期間

9月上旬~下旬(当日消印有効)

試験実施日

[1次]10月の第3日曜日。[2次]12月の第2土曜日・第2日曜日。

試験地

仙台、東京、名古屋、大阪、福岡

受験料

9000円

合格率

19%

資格関連書籍

貿易アドバイザー関連の人気書籍

お問い合わせ先

貿易アドバイザーについての資格試験に関するお問い合わせは以下の公式問い合わせ機関にお問い合わせください。

日本貿易振興機構(ジェトロ)貿易アドバイザー試験事務局
htto;//www.jetro.go.jp/course/advisor

貿易アドバイザーについて

貿易アドバイザーに関する情報は作成日時点(更新時点)のデータにより作成しております。情報の正確性については配慮しておりますが、完全性については保証いたしません。また、一部情報が古くなっている場合もあります。貿易アドバイザーの内容について誤り等がございましたら、「ご連絡フォーム」よりご指摘いただければ幸いでございます。