通関士

通関士に関する資格試験情報を掲載しています。資格の区分、資格試験の受験資格、試験の内容などを紹介します。通関士の資格取得なら、資格DBにお任せください。



通関士の資格取得ガイド

通関士とは、税関に提出する通関書類の審査、税関が行う調査、検査、処分などに対して異議申し立て、陳述をするなど、通関業務を代行する通関士になるための資格。

資格区分

国家資格

受験資格

通関士の受験資格は以下の通りです。

誰でも受験可能。
ただし、試験の合格者が通関士として通関業務に従事しようとする場合には、勤務先通関業者の申請に基づく税関長の「確認」が必要。

資格試験内容

各試験科目とも筆記(マークシート方式)。試験形式は、択一式、選択式、計算式から成る。
(1)通関業法
(2)関税法、関税定率法、その他関税に関する法律(関税暫定措置法、電子情報処理組織による税関手続きのと特例等に関する法律など)、外国為替及び外国貿易法(同法第6章に関わる部分に限る)。
(3)通関書類の作成用量、その他の通関手続きの実務

※これらの科目は、法律の他に、それぞれの法律に基づく関係政令、省令、告示及び通達などを含む。

[試験科目の一部免除]
(1)通関業者の通関業務、または官庁における関税、その他通関に関する事務(税関の事務及びその監督に係わる事務)に従事した機関が、通算して15年以上の者は、上記の試験科目(2)及び(3)が免除される。
(2)通関業者の通関業務、また官庁における通関事務(監督に係わる事務を含む税関における貨物の通関事務)に従事した期間が、通算して5年以上の者は、上記(3)が免除される。

受験申込期間

8月上旬~中旬。

試験実施日

10月中旬

試験地

札幌、仙台、東京、横浜、新潟、静岡、名古屋、大阪、神戸、広島、福岡、熊本、那覇。

受験料

3000円

合格率

7%

資格関連書籍

通関士関連の人気書籍

お問い合わせ先

通関士についての資格試験に関するお問い合わせは以下の公式問い合わせ機関にお問い合わせください。

各地区の税関通関業監督官
http://www.customs.go.jp

通関士について

通関士に関する情報は作成日時点(更新時点)のデータにより作成しております。情報の正確性については配慮しておりますが、完全性については保証いたしません。また、一部情報が古くなっている場合もあります。通関士の内容について誤り等がございましたら、「ご連絡フォーム」よりご指摘いただければ幸いでございます。