日商PC検定試験(文書作成・データ活用)

日商PC検定試験(文書作成・データ活用)に関する資格試験情報を掲載しています。資格の区分、資格試験の受験資格、試験の内容などを紹介します。日商PC検定試験(文書作成・データ活用)の資格取得なら、資格DBにお任せください。



日商PC検定試験(文書作成・データ活用)の資格取得ガイド

日商PC検定試験(文書作成・データ活用)とは、ビジネス文書の作成能力や業務データの処理分析能力、情報収集・発信能力のある人材育成を図る目的で設けられた検定。

資格区分

公的資格

受験資格

日商PC検定試験(文書作成・データ活用)の受験資格は以下の通りです。

誰でも受験可能

資格試験内容

ビジネス文書の作成・取り扱いを問う[文書作成]と、業務データの活用・取り扱いを問う[データ活用]の2分野に分かれて実施される。

[文書作成Basic][データ活用Basic](1)実技(30分)。(2)知識(15分)。
[文書作成3級][データ活用3級](1)実技(30分)。(2)知識(15分)。
[文書作成2級][データ活用2級](1)実技(40分)。(2)知識(15分)。
[文書作成1級][データ活用2級](1)実技(60分)。(2)知識(30分)。

[試験レベル]
[Basic]
基本的なワープロソフトや表計算ソフトの操作スキルを持ち、企業実務に対応できる。
[3級]
企業実務に必要とされる基本的なIT・ネットワークの知識、スキルを有し、自己の業務に利活用できる。
[2級]
企業実務に必要とされる実践的なIT・ネットワークの知識、スキルを持ち、部門責任者又は部門責任者を補佐する者として、業務の効率・円滑化、業績向上を図る上で利活用できる。
[1級]
企業実務に必要とされる実践的なIT・ネットワークの知識、スキルを持ち、ネット社会のビジネススタイルを踏まえ、企業責任者または企業責任者を補佐する者として、経営判断や意思決定を行ったり助言したりする過程で利活用できる。

受験申込期間

試験実施日

[Basic・3・2級]各ネット試験会場により異なる。[1級]10月の第1日曜日とその前日。2月の第3日曜日とその前日。

試験地

全国約1600の会場
(商工会議所認定の「商工会議所ネット試験施行機関」のうち日商PC検定試験に対応したソフトウェアが導入されている機関。)

受験料

[Basic]4000円。[3級]5000円。[2級]7000円。[1級]10000円。

合格率

51%

資格関連書籍

日商PC検定試験(文書作成・データ活用)関連の人気書籍

お問い合わせ先

日商PC検定試験(文書作成・データ活用)についての資格試験に関するお問い合わせは以下の公式問い合わせ機関にお問い合わせください。

全国主要都市の商工会議所

日商PC検定試験(文書作成・データ活用)について

日商PC検定試験(文書作成・データ活用)に関する情報は作成日時点(更新時点)のデータにより作成しております。情報の正確性については配慮しておりますが、完全性については保証いたしません。また、一部情報が古くなっている場合もあります。日商PC検定試験(文書作成・データ活用)の内容について誤り等がございましたら、「ご連絡フォーム」よりご指摘いただければ幸いでございます。