ビジネスキーボード認定試験

ビジネスキーボード認定試験に関する資格試験情報を掲載しています。資格の区分、資格試験の受験資格、試験の内容などを紹介します。ビジネスキーボード認定試験の資格取得なら、資格DBにお任せください。



ビジネスキーボード認定試験の資格取得ガイド

ビジネスキーボード認定試験とは、基本的なタイピング技能を認定する「キータッチ2000テスト」の中・上級にあたる試験。基本的な能力に加え、ビジネス実務で要求される速さと正確さを見極める。

資格区分

公的資格

受験資格

ビジネスキーボード認定試験の受験資格は以下の通りです。

誰でも受験可能

資格試験内容

試験は3科目で、試験の施行から、採点、合否判定までをインターネットを介して自動実行プログラムを使用して行われる。画面に示された問題に従い、文章・単語・数字等をキーボードで入力していく。

[試験内容]
(1)日本語
試験時間10分(練習2分)、最高入力文字数900字。
短文(1行、複数行)、単語(漢字、カタカナ)、ことわざ、四字熟語、ほか。
(2)英語
試験時間10分(練習2分)、最高入力文字数3000字。
短文(1行、複数行)、単語、熟語、アドレス、ほか。
(3)数値
試験時間5分(練習1分)、最高入力文字数1,200字。
数字、郵便番号、電話番号、日付、漢数字から算用数字、記号付数字、ほか。

上記(1)~(3)の科目ごとの入力文字数により技能認定し、以下のとおりD、C、B、A、Sの5段階評価に分けられる。

[評価:D]
(1)0~399字。(2)0~1499字。(3)0~599字。
[評価:C]
(1)400~599字。(2)1500~1999字。(3)600~799字。
[評価:B]
(1)600~799字。(2)2000~2499字。(3)800~999字。
[評価:A]
(1)800~899字。(2)2500~2999字。(3)1000~1199字。
[評価:S]
(1)900字。(2)3000字。(3)1200字。

※ビジネス実務で要求される技能は、「C」以上が目安である。
受験者全員に「技能認定証明書」が交付される。3科目で全ての文字を誤り無く入力した者には、「ビジネスキーボードマスター」としての称号が与えられる。

[申込み方法]
ネット試験会場(http://www.kentei.ne.jp/info/netkaijo/netkaijolist.html)に問い合わせる。

受験申込期間

試験実施日

ネット試験会場に問い合わせる

試験地

ネット試験会場に問い合わせる

受験料

2500円

合格率

資格関連書籍

ビジネスキーボード認定試験関連の人気書籍

お問い合わせ先

ビジネスキーボード認定試験についての資格試験に関するお問い合わせは以下の公式問い合わせ機関にお問い合わせください。

全国のネット試験会場
http://www.kentei.ne.jp/busikey/

ビジネスキーボード認定試験について

ビジネスキーボード認定試験に関する情報は作成日時点(更新時点)のデータにより作成しております。情報の正確性については配慮しておりますが、完全性については保証いたしません。また、一部情報が古くなっている場合もあります。ビジネスキーボード認定試験の内容について誤り等がございましたら、「ご連絡フォーム」よりご指摘いただければ幸いでございます。