文書処理能力検定

文書処理能力検定に関する資格試験情報を掲載しています。資格の区分、資格試験の受験資格、試験の内容などを紹介します。文書処理能力検定の資格取得なら、資格DBにお任せください。



文書処理能力検定の資格取得ガイド

文書処理能力検定とは、全国経理教育協会が行う、文書作成や文書処理能力を審査する検定。

資格区分

民間資格

受験資格

文書処理能力検定の受験資格は以下の通りです。

誰でも受験可能

資格試験内容

[4級]
[実技]
(1)入力:250字(10分)
(2)文書作成:手書きの与えられた文書をレイアウトして作成(修正を含む)(20分)

[3級]
[学科](20分)
(1)技術常識:ワープロに関する基礎知識
(2)国語力:漢字の知識(常用漢字)、熟語の知識
[実技]
(1)入力:500字(10分)
(2)文書作成:メモ書き原稿から正式文書の作成(30分)

[1級]
[学科](20分)
(1)技術常識;ワープロに関する高度な知識
(2)国語力:漢字、ことわざの知識
[実技]
(1)入力:800字(10分)
(2)文書作成:メモ書き原稿から正式文書の作成。

受験申込期間

試験日の約1ヶ月前(指定日)※協会加盟校で配布する受験願書に必要事項を記入して申し込む。

試験実施日

6月の第5土曜日。11月の第1土曜日。2月の第1土曜日。

試験地

全国各地の協会加盟校および協会が指定する学校

受験料

[4級]2500円。[3級]3500円。[2級]5000円。[1級]7000円。

合格率

74%

資格関連書籍

文書処理能力検定関連の人気書籍

お問い合わせ先

文書処理能力検定についての資格試験に関するお問い合わせは以下の公式問い合わせ機関にお問い合わせください。

(社)全国経理教育協会

文書処理能力検定について

文書処理能力検定に関する情報は作成日時点(更新時点)のデータにより作成しております。情報の正確性については配慮しておりますが、完全性については保証いたしません。また、一部情報が古くなっている場合もあります。文書処理能力検定の内容について誤り等がございましたら、「ご連絡フォーム」よりご指摘いただければ幸いでございます。