日本語検定(語検)

日本語検定(語検)に関する資格試験情報を掲載しています。資格の区分、資格試験の受験資格、試験の内容などを紹介します。日本語検定(語検)の資格取得なら、資格DBにお任せください。



日本語検定(語検)の資格取得ガイド

日本語検定(語検)とは、特定の分野に限定せず日本語の総合力を測るための試験。日本語を改めてとらえなおし,日本語を正しく使うことを目的として設けられた検定。

資格区分

民間資格

受験資格

日本語検定(語検)の受験資格は以下の通りです。

[6~2級]誰でも受験可能
[1級]2級合格者

資格試験内容

[主な出題範囲]
(1)敬語:尊敬語、謙譲語、丁寧語の適切な使用
(2)文法:語と語の正しい連接
(3)語彙:言葉の豊富さ、語と語の関係の理解
(4)表記:適切な漢字の使用、正しい送り仮名
(5)言葉の意味:言葉の意味の理解
(6)漢字:漢字や熟語の読み方、意味の理解

[各級の審査レベルと合格基準]
[6級]
レベル:小学校4~5年程度
合格基準:総合70%程度以上、かつ各領域60%以上程度
[5級]
レベル:小学校卒業程度
合格基準:総合70%程度以上、かつ各領域60%以上程度(5級受験者で、総合60%程度以上、かつ各領域50%程度以上であれば準5級と認定)
[4級]
レベル:中学校卒業程度
合格基準:総合70%程度以上、かつ各領域60%程度以上(4級受験者で、総合60%程度以上、かつ各領域50%程度以上であれば準4級と認定)
[3級]
レベル:社会人中級・高校卒業程度
合格基準:総合70%程度以上、かつ各領域60%程度以上(3級受験者で、総合60%程度以上、かつ各領域50%程度以上であれば準3級と認定)
[2級]
レベル:社会人中級・大学卒業程度
合格基準:総合80%程度以上、かつ各領域60%程度以上(2級受験者で、総合70%程度以上、かつ各領域60%程度以上であれば準2級と認定)
[1級]
レベル:社会人上級
合格基準:総合80%程度以上、かつ各領域60%程度以上(1級受験者で、総合70%程度以上、かつ各領域60%程度以上であれば準1級と認定)

受験申込期間

3月上旬~5月上旬

試験実施日

6月中旬(1級除く)

試験地

札幌、仙台、東京、金沢、名古屋、大阪、広島、福岡など全国約90都市

受験料

[6・5級]各1500円。[4級]2000円。[3級]3500円。[2級]5000円。[1級]6000円。

合格率

資格関連書籍

日本語検定(語検)関連の人気書籍

お問い合わせ先

日本語検定(語検)についての資格試験に関するお問い合わせは以下の公式問い合わせ機関にお問い合わせください。

日本語検定委員会
http://www.nihongokentei.jp/

日本語検定(語検)について

日本語検定(語検)に関する情報は作成日時点(更新時点)のデータにより作成しております。情報の正確性については配慮しておりますが、完全性については保証いたしません。また、一部情報が古くなっている場合もあります。日本語検定(語検)の内容について誤り等がございましたら、「ご連絡フォーム」よりご指摘いただければ幸いでございます。