日本語実践話力検定

日本語実践話力検定に関する資格試験情報を掲載しています。資格の区分、資格試験の受験資格、試験の内容などを紹介します。日本語実践話力検定の資格取得なら、資格DBにお任せください。



日本語実践話力検定の資格取得ガイド

日本語実践話力検定とは、「話し方」ではなく、「会話、商談、講演、対談、指示」など現場で適切に対応できる「実践話力」能力を測る検定。

資格区分

民間資格

受験資格

日本語実践話力検定の受験資格は以下の通りです。

[5~3級]誰でも受験可能
[準2級~1級]前級の合格者
※5・4級は団体受験のみ

資格試験内容

[試験内容・試験レベル]

[5級] 入門レベル(筆記)
(1)常用漢字の読みと意味
(2)正しい日本語の使い方
(3)敬語・ことわざ・慣用句
(4)発声・発音の知識
(5)会議・発表の知識

[4級] 基礎レベル(筆記・リスニング)※5級程度の問題も含む
(1)正しい日本語
(2)敬語
(3)ことわざ・慣用句
(4)論理的判断力

[3級] 初級レベル(筆記・リスニング・スピーチ)
(1)敬語・現代用語・ことわざ・慣用句等の語彙
(2)正しい日本語
(3)ビジネス訪問等での正しい挨拶やマナーの心得
(4)説得力と即応力の知識
(5)報告・連絡等の業務話力
(6)会議・発表・スピーチの知識
(7)課題に基づいて1分半程度で話す

[準2級] 中級レベル(筆記・リスニング・スピーチ)※3級程度の問題も含まれる。
(1)商品説明・セールス等の知識
(2)即興で2分程度で話す

[2級] 中級レベル(筆記・リスニング・プレゼンテーション)
(1)古典的な言語に対する素養
(2)現代用語・評論語
(3)正しい日本語
(4)コミュニケーション知識
(5)論理的判断力
(6)プレゼンテーション

[1級] 最上級レベル(筆記・リスニング・試験管とのトーク)
(1)課題・自由テーマによるトーク
(2)文章の朗読
(3)ディスカッションと司会役
(4)多人数を対象としたプレゼンテーション及び研修・講演講師としての話し方

受験申込期間

試験実施日

2月中旬。9月上旬。(2006年)

試験地

東京、名古屋、大阪、ほか

受験料

[5級]2000円。[4級]2000円。[3級]5000円。[準2級]7000円。[2級]10000円。[1級]15000円。

合格率

67%

資格関連書籍

日本語実践話力検定関連の人気書籍

お問い合わせ先

日本語実践話力検定についての資格試験に関するお問い合わせは以下の公式問い合わせ機関にお問い合わせください。

日本実践話力検定協会大阪事務局
http://www.wa-ken.co.jp

日本語実践話力検定について

日本語実践話力検定に関する情報は作成日時点(更新時点)のデータにより作成しております。情報の正確性については配慮しておりますが、完全性については保証いたしません。また、一部情報が古くなっている場合もあります。日本語実践話力検定の内容について誤り等がございましたら、「ご連絡フォーム」よりご指摘いただければ幸いでございます。