サービス介助士2級

サービス介助士2級に関する資格試験情報を掲載しています。資格の区分、資格試験の受験資格、試験の内容などを紹介します。サービス介助士2級の資格取得なら、資格DBにお任せください。



サービス介助士2級の資格取得ガイド

サービス介助士2級は、自宅学習と実技教習で取得可能な資格。高齢者や障害者が積極的に街中に出かけられるよう自立を支える社会環境づくりを担う。現在は2級のみ実施されている。

資格区分

民間資格

受験資格

サービス介助士2級の受験資格は以下の通りです。

誰でも受講可能

資格試験内容

通信教育課程、実技教習課程、検定試験を経て、合格者に「サービス介助士2級」が認定される。

[講習内容]
[通信過程]
6ヶ月間の自宅学習で課題を提出する。60点以上で合格。60点未満の場合は再提出となる。
(1)サービス介助の基本理念
(2)高齢社会への理解
(3)高齢な方への理解
(4)障害のある方への理解
(5)バリアフリーサービスの基礎知識
(6)ホスピタリティ・マインドと接遇技術
(7)具体的介助技術
(8)地域社会への貢献
(9)超高齢社会を迎えての法規等の凡例

[実技教習] 6時間(2日間)
(1)高齢者疑似体験
(2)ジェロントロジー(創齢学)とは
(3)ホスピタリティマインド・接遇訓練
(4)車椅子操作方法・演習・移乗訓練
(5)耳の不自由な方への介助
(6)歩行に支障がある方への介助
(7)目の不自由な方への介助・演習
(8)身体障害者補助犬
(9)ユニバーサルデザイン
(10)総合チェックおよびロールプレイ

[検定試験]
筆記試験(50問)

受験申込期間

随意

試験実施日

毎月4回講義:東京。2~3ヶ月ごとに1回開講:札幌、名古屋、大阪、香川、福岡、沖縄。

試験地

受験料

39900円(教材費、教習費、認定証発行料など含む)

合格率

90%

資格関連書籍

サービス介助士2級関連の人気書籍

お問い合わせ先

サービス介助士2級についての資格試験に関するお問い合わせは以下の公式問い合わせ機関にお問い合わせください。

NPO法人 日本ケアフィットサービス協会
http://www.carefit.org

サービス介助士2級について

サービス介助士2級に関する情報は作成日時点(更新時点)のデータにより作成しております。情報の正確性については配慮しておりますが、完全性については保証いたしません。また、一部情報が古くなっている場合もあります。サービス介助士2級の内容について誤り等がございましたら、「ご連絡フォーム」よりご指摘いただければ幸いでございます。