福祉用具専門相談員

福祉用具専門相談員に関する資格試験情報を掲載しています。資格の区分、資格試験の受験資格、試験の内容などを紹介します。福祉用具専門相談員の資格取得なら、資格DBにお任せください。



福祉用具専門相談員の資格取得ガイド

福祉用具専門相談員とは、病状や障害の度合いに応じて、福祉用具の選定や使い方をアドバイスできる福祉機器の専門家を認定する資格。この資格取得には厚生労働大臣指定の講習会を受講する必要がある。

資格区分

公的資格

受験資格

福祉用具専門相談員の受験資格は以下の通りです。

誰でも受講可能

資格試験内容

[取得方法]
厚生労働大臣が指定する「福祉用具専門相談員指定講習会」の講義と実習を全40時間受講する。講習修了者には「修了証書」「携帯修了証明書」が交付される。
ただし、介護福祉士、義肢装具士、保健師、看護士、准看護士、理学療法士、作業療法士、社会福祉士、ホームヘルパー2級以上の資格取得者などについては、講習を受けなくても福祉用具専門相談員として認められる。

[講習内容]
(1)老人保健福祉に関する基礎知識(2時間)
老人保健福祉制度に関する概要
(2)介護と福祉腰部に関する知識(20時間)
介護に関する基礎知識
介護技術
介護場面における福祉用具の活用
(3)関連領域に関する基礎知識(10時間)
高齢者等の心理
医学の基礎知識
リハビリテーション概要
(4)福祉用具の活用に関する実習(8時間)

受験申込期間

講習会主催団体により異なる。※東京都高齢者研究・福祉振興財団では、定員100人を超えた場合、抽選により決定される。

試験実施日

試験地

講習会主催団体により異なる。

受験料

講習会主催団体により異なる。

合格率

資格関連書籍

福祉用具専門相談員関連の人気書籍

お問い合わせ先

福祉用具専門相談員についての資格試験に関するお問い合わせは以下の公式問い合わせ機関にお問い合わせください。

各都道府県介護保険主管課

福祉用具専門相談員について

福祉用具専門相談員に関する情報は作成日時点(更新時点)のデータにより作成しております。情報の正確性については配慮しておりますが、完全性については保証いたしません。また、一部情報が古くなっている場合もあります。福祉用具専門相談員の内容について誤り等がございましたら、「ご連絡フォーム」よりご指摘いただければ幸いでございます。