福祉レクリエーションワーカー

福祉レクリエーションワーカーに関する資格試験情報を掲載しています。資格の区分、資格試験の受験資格、試験の内容などを紹介します。福祉レクリエーションワーカーの資格取得なら、資格DBにお任せください。



福祉レクリエーションワーカーの資格取得ガイド

福祉レクリエーションワーカーとは、利用者の障害や能力に応じたレクリエーションプログラムを企画、提供することで、利用者の生活の一助となる活動を行う、福祉レクリエーションの専門家。

資格区分

民間資格

受験資格

福祉レクリエーションワーカーの受験資格は以下の通りです。

(1)レクリエーション・インストラクター養成講座で所定時間(50時間)を修了し、受講開始日に満18歳以上の者。
(2)レクリエーション・インストラクター、レクリエーション・コーディネーター、グループレクリエーション・ワーカーの資格所有者。

資格試験内容

[講習内容]
スクーリング(3日間×2回)をレポート12回、現場実習(3回)を行う。

[レクリエーションに関する基礎的知識・援助技術]
(1)レクリエーション理論:レクリエーションの基礎理論、レクリエーション支援の理論、レクリエーション・サービス論、ほか。
(2)レクリエーション実技:レクリエーション種目の実際、支援実習など

[社会福祉及び隣接領域に肝sる基礎的知識・援助技術]
(1)社会福祉概論:社会福祉とは、社会福祉の対象とニーズ、ほか
(2)社会福祉特論:高齢者の生活と福祉、障害者の生活と福祉
(3)社会福祉援助技術論:社会福祉援助技術の原則と理論体系、ほか
(4)生活文化論:生活と風刺、地域社会と文化、余暇生活の開発、ほか
(5)健康科学論:健康と社会、健康と体力、人間の発育と発達、ほか
(6)福祉医療に関する援助技術演習:介護技術の基礎、カウンセリング、ほか

[福祉レクリエーションの専門的知識・援助技術]
(1)福祉レクリエーション論
(2)福祉レクリエーション援助論(総論)
(3)福祉レクリエーション援助技術(実技)

[福祉レクリエーション総合実習・現場実習]
※保有資格などにより、レポート課題の一部免除がある。

受講修了後、資格認定審査会(試験)が実施される。

受験申込期間

試験実施日

講座開講は年2回。前期:6月1日。後期:12月1日。

試験地

受験料

70000円(その他スクーリング参加費(1回約20000円)、受験料(5000円)、公認料、登録料が別途必要。)

合格率

資格関連書籍

福祉レクリエーションワーカー関連の人気書籍

お問い合わせ先

福祉レクリエーションワーカーについての資格試験に関するお問い合わせは以下の公式問い合わせ機関にお問い合わせください。

(財)日本レクリエーション協会人材開発部
http://www.recreation.or.jp

福祉レクリエーションワーカーについて

福祉レクリエーションワーカーに関する情報は作成日時点(更新時点)のデータにより作成しております。情報の正確性については配慮しておりますが、完全性については保証いたしません。また、一部情報が古くなっている場合もあります。福祉レクリエーションワーカーの内容について誤り等がございましたら、「ご連絡フォーム」よりご指摘いただければ幸いでございます。