臨床心理士

臨床心理士に関する資格試験情報を掲載しています。資格の区分、資格試験の受験資格、試験の内容などを紹介します。臨床心理士の資格取得なら、資格DBにお任せください。



臨床心理士の資格取得ガイド

臨床心理士とは、ストレスや悩みを抱えている人々に、臨床心理学の専門的な立場から援助していこうとする職能専門家のこと。資格取得には試験に合格する必要がある。

資格区分

民間資格

受験資格

臨床心理士の受験資格は以下の通りです。

(1)協会が認可する第1種指定大学院を修了し、所定の条件を充足している者。
(2)協会が認可する第1種あるいは第2種指定大学院を修了し、修了後心理臨床経験を含む、所定の条件を充足している者。
(3)臨床心理学に関する専門職大学院を修了した者。
(4)諸外国で上記(1)と同等以上の教育歴、及び2年以上の心理臨床経験を有する者。
(5)医師免許取得者で、取得後2年以上の心理臨床経験を有する者。

※心理臨床経験とは、取得後2ね二条の心理臨床経験を有する者の心理臨床に関する従業者(心理相談員、カウンセラーなど)としての勤務経験をいう。(ボランティア、研修員などの経験は該当しない。)

資格試験内容

[試験内容]

[1次]
筆記試験
(1)臨床心理学に関する設問100題(多肢選択方式、マークシート方式)
(2)定められた字数の範囲内で論述する小論文
[2次]
口述面接試験(※対象は1次試験合格者が対象のみ)

[申込み方法]
受験者の教育歴・経験などにより必要な(1)~(8)までの書類に、受験料の指定講座振込の控えを添付して簡易書留で郵送する。
(1)資格認定証明書。(2)履歴書。(3)学歴証明書。(4)職歴・職務内容証明書。(5)在職証明書。(6)履修単位証明書(または成績証明書)。(7)履修単位自己申告所。(8)修士論文証明書。

受験申込期間

7月上旬~8月下旬

試験実施日

[1次]10月上旬。[2次]11月上旬~中旬の指定した日時

試験地

東京

受験料

30000円

合格率

66%

資格関連書籍

臨床心理士関連の人気書籍

お問い合わせ先

臨床心理士についての資格試験に関するお問い合わせは以下の公式問い合わせ機関にお問い合わせください。

(財)日本臨床心理士資格認定協会
http://www4.ocn.ne.jp/~jcbcp/siken.html

臨床心理士について

臨床心理士に関する情報は作成日時点(更新時点)のデータにより作成しております。情報の正確性については配慮しておりますが、完全性については保証いたしません。また、一部情報が古くなっている場合もあります。臨床心理士の内容について誤り等がございましたら、「ご連絡フォーム」よりご指摘いただければ幸いでございます。