ケアクラーク技能認定試験

ケアクラーク技能認定試験に関する資格試験情報を掲載しています。資格の区分、資格試験の受験資格、試験の内容などを紹介します。ケアクラーク技能認定試験の資格取得なら、資格DBにお任せください。



ケアクラーク技能認定試験の資格取得ガイド

ケアクラーク技能認定試験とは、ケアマネージャーが作成したケアプランが円滑に遂行されるよう、関係機関やサービス業者などと連絡を取ったり、介護報酬請求などの様々な事務業務を行う知識を測る試験。

資格区分

民間資格

受験資格

ケアクラーク技能認定試験の受験資格は以下の通りです。

(1)教育機関などが行う教育訓練のうち、認定員会が認定規約により認める「ケアクラーク技能認定試験受験資格に関する教育訓練ガイドライン)に適合すると認める下を履修した者。
(2)介護事務職として6ヶ月以上の実務経験を有する者。

資格試験内容

[試験内容]

[学科試験](25問、50問)
(1)人間関係(コミュニケーション)
(2)老人・障害者の心理
(3)社会福祉
(4)老人社会
(5)地域福祉
(6)社会福祉援助技術
(7)介護概論
(8)介護技術・障害形態別介護技術
(9)リハビリテーション
(10)医学一般
(11)介護保険制度
(12)介護事務業務

[実技試験]
介護給付費用明細書作成(2問、60分)

[合格基準]
学科・実技それぞれが100点満点で、各得点率が70%以上を合格とする。
※学科・実技ともに資料等の持込可能

受験申込期間

試験日の2ヶ月前~2週間前

試験実施日

年6回:4月、6月、8月、10月、12月、翌年2月。

試験地

各都道府県内の公共施設など

受験料

6000円

合格率

61%

資格関連書籍

ケアクラーク技能認定試験関連の人気書籍

お問い合わせ先

ケアクラーク技能認定試験についての資格試験に関するお問い合わせは以下の公式問い合わせ機関にお問い合わせください。

(財)日本医療教育財団 技能認定試験係
http://www.jme.or.jp

ケアクラーク技能認定試験について

ケアクラーク技能認定試験に関する情報は作成日時点(更新時点)のデータにより作成しております。情報の正確性については配慮しておりますが、完全性については保証いたしません。また、一部情報が古くなっている場合もあります。ケアクラーク技能認定試験の内容について誤り等がございましたら、「ご連絡フォーム」よりご指摘いただければ幸いでございます。