手話通訳士

手話通訳士に関する資格試験情報を掲載しています。資格の区分、資格試験の受験資格、試験の内容などを紹介します。手話通訳士の資格取得なら、資格DBにお任せください。



手話通訳士の資格取得ガイド

手話通訳士とは、聴覚障害者と健聴者の間のコミュニケーションを円滑に図る担い手として重要な役割を果たすかどうか、手話通訳士としての知識と技能を測る社会福祉法人 聴力障害者情報文化センター認定の資格。

資格区分

公的資格

受験資格

手話通訳士の受験資格は以下の通りです。

[学科]
20歳以上の者(受験日の属する年度の3月末日までに20歳に達する者を含む)
[実技]
当該年度の学科試験受験者(前年度の学科試験合格者は、当面、受験可能)

資格試験内容

[試験内容]
(1)障害者福祉の基礎知識(20問)
障害者福祉の理念等の動向、障害の概念と障害者の実態、障害者福祉の施策の現状。
(2)聴覚障害者に関する基礎知識(20問)
聴覚障害の基礎知識、聴覚障害者の福祉と運動、聴覚障害者の自立と社会参加。
(3)手話通訳のあり方(20問)
手話通訳者の役割、手話通訳の理論、手話通訳の実際、手話通訳者としての一般教教養。
(4)国語(20問)
言語音(発音の仕方、音の区別、アクセント等)、単語、文法、文字、表現法、文章読解。

[実技試験]
(1)聞き取り通訳(音声を手話で表現/2問)
録音した音声後による試験問題が提示され、それを聞きながらビデオカメラに向かって手話で同時通訳する。
(2)読み取り通訳(手話を音声で表現/2問)
モニター画面に映し出される手話を音声で同時通訳する。

受験申込期間

5月上旬~6月下旬

試験実施日

10月上旬の連続する2日間

試験地

東京、大阪、熊本。

受験料

18000円

合格率

48%

資格関連書籍

手話通訳士関連の人気書籍

お問い合わせ先

手話通訳士についての資格試験に関するお問い合わせは以下の公式問い合わせ機関にお問い合わせください。

社会福祉法人 聴力障害者情報文化センター 手話試験部
http://www.jyoubun-center.or.jp/

手話通訳士について

手話通訳士に関する情報は作成日時点(更新時点)のデータにより作成しております。情報の正確性については配慮しておりますが、完全性については保証いたしません。また、一部情報が古くなっている場合もあります。手話通訳士の内容について誤り等がございましたら、「ご連絡フォーム」よりご指摘いただければ幸いでございます。