カイロドクター(カイロプラクティックドクター認定証)

カイロドクター(カイロプラクティックドクター認定証)に関する資格試験情報を掲載しています。資格の区分、資格試験の受験資格、試験の内容などを紹介します。カイロドクター(カイロプラクティックドクター認定証)の資格取得なら、資格DBにお任せください。



カイロドクター(カイロプラクティックドクター認定証)の資格取得ガイド

カイロドクター(カイロプラクティックドクター認定証)とは、骨格系に生じた歪みを矯正することによって、人間が本来持っている「自然治癒力」を高めることにより、健康増進をはかる「カイロドクター」になるための資格。

資格区分

民間資格

受験資格

カイロドクター(カイロプラクティックドクター認定証)の受験資格は以下の通りです。

高校学校卒業以上または同等以上の学力を有すると認められる者、ほか

資格試験内容

[取得方法]
カイロプラクティック療法振興事業協同組合認定校が認めた教育機関で2年間以上(1300時間以上)修行し、卒業する。

下記の内容は、日本カイロプラクティックドクター専門学院の場合である。
[カイロプラクティック学科] 各校昼間部・夜間部(2年生)
平日制で、月~金曜日の週5日制
受講中に、米国カリフォルニア州マッサージ師資格(CMT)、国際救命救急協会認定CPR(心肺蘇生法)、(財)日本ウエルネス協会認定ウエルネスリーダー、(財)生涯学習開発財団認定健康管理士一般指導員資格の取得も可能。
卒業後教育として、米国カイロ大学学士号取得コース(BSC)プログラムがある。
また、有資格者(柔道整復師、あん摩マッサージ師、はり師、きゅう師)を対象とした「日曜日集中コース」が東京校で開校している。

[講習内容]

[基礎医学]
(1)解剖生理学Ⅰ、Ⅱ、Ⅲ
(2)病理学
(3)内科学
(4)免疫学
(5)衛生・公衆衛生学
(6)基礎運動学
(7)栄養学
(8)X線診断学
[テクニック]
(1)ディバーシーファイドⅠ、Ⅱ、Ⅲ
(2)脊柱外テクニック
(3)整形学検査法
(4)四肢
(5)ドロップテクニック
(6)モーションパルペーション
(7)アクティベーターテクニックⅠ、Ⅱ、Ⅲ、ほか
[インターン実習]
進路によって希望コースに分かれ、組合指定施術院で実習。

受験申込期間

試験実施日

4月、10月。

試験地

北海道、仙台、三戸、東京、横浜、名古屋、大阪、広島、福岡、鹿児島。

受験料

納入金:1995000円。(初年度1365000円。2年度63万円)

合格率

資格関連書籍

カイロドクター(カイロプラクティックドクター認定証)関連の人気書籍

お問い合わせ先

カイロドクター(カイロプラクティックドクター認定証)についての資格試験に関するお問い合わせは以下の公式問い合わせ機関にお問い合わせください。

厚生労働省認可カイロプラクティック療法振興事業協同組合本部事務局(教育認定係)

カイロドクター(カイロプラクティックドクター認定証)について

カイロドクター(カイロプラクティックドクター認定証)に関する情報は作成日時点(更新時点)のデータにより作成しております。情報の正確性については配慮しておりますが、完全性については保証いたしません。また、一部情報が古くなっている場合もあります。カイロドクター(カイロプラクティックドクター認定証)の内容について誤り等がございましたら、「ご連絡フォーム」よりご指摘いただければ幸いでございます。