細胞検査士

細胞検査士に関する資格試験情報を掲載しています。資格の区分、資格試験の受験資格、試験の内容などを紹介します。細胞検査士の資格取得なら、資格DBにお任せください。



細胞検査士の資格取得ガイド

細胞検査士とは、ガンの早期発見のため、患者や検診者の細胞を詳しく検査する仕事を行う。この職務にはガンを見逃さないための忍耐強さと、判断力等が必要となる。

資格区分

民間資格

受験資格

細胞検査士の受験資格は以下の通りです。

(1)臨床検査技師または衛生検査技師の資格取得後、試験実施日までに主として細胞診実務に1年以上従事した者。
(2)臨床検査技師または衛生検査技師の資格を有し、日本臨床細胞学会認定の細胞診技術者養成機関(癌研有明病院付設細胞検査士養成所)、大阪府立成人病センター内細胞検査士養成講習、東京都多摩がん検診センター細胞検査士養成所、杏林大学保健学部細胞検査士養成課程、藤田学園衛生技術短期大学細胞診スクリーナー養成所、北里大学医療衛生学部細胞検査士コース、山口大学医学部保健学科細胞検査士養成課程、群馬大学医学部保健学科細胞検査士養成コース、家計学園細胞病理学センター、ほか)を卒業した者。
(3)4年制大学で、日本臨床細胞学会が認定した細胞検査士養成課程(杏林大学保健学部細胞検査士養成課程、北里大学医療衛生学部細胞検査士コース、山口大学医学部保健学科細胞検査士養成課程、群馬大学医学部保健学科細胞検査士養成コース、家計学園細胞病理学センター、ほか)修了者で、大学卒業見込みの者、ほか。

資格試験内容

[試験内容]

[1次]
筆記、プリントによる細胞像テスト
[2次]
実技 ※1次合格者のみ対象
(1)スクリーニング試験(科目ごとに一定数の検体を検鏡して、正常、問題あり、悪性細胞に分ける)
(2)手技試験(不良標本を指摘し、塗抹、固定、染色の良否等を判定する)
(3)その他(同定試験、面接)

受験申込期間

9月下旬~末日の7日間

試験実施日

[1次]10月下旬。[2次]12月中旬。

試験地

[1次]東京、大阪。
[2次]東京。

受験料

31500円

合格率

不明

資格関連書籍

細胞検査士関連の人気書籍

お問い合わせ先

細胞検査士についての資格試験に関するお問い合わせは以下の公式問い合わせ機関にお問い合わせください。

日本臨床細胞学会内細胞検査士資格認定試験係

細胞検査士について

細胞検査士に関する情報は作成日時点(更新時点)のデータにより作成しております。情報の正確性については配慮しておりますが、完全性については保証いたしません。また、一部情報が古くなっている場合もあります。細胞検査士の内容について誤り等がございましたら、「ご連絡フォーム」よりご指摘いただければ幸いでございます。