救急救命士

救急救命士に関する資格試験情報を掲載しています。資格の区分、資格試験の受験資格、試験の内容などを紹介します。救急救命士の資格取得なら、資格DBにお任せください。



救急救命士の資格取得ガイド

救急救命士とは、緊急を要する傷病者を運ぶ救急用自動車等に同乗し、医師の指示のもとで、輸血や気道の確保などの救急救命処置を行う職業。責任ある重要な資格である。

資格区分

国家資格

受験資格

救急救命士の受験資格は以下の通りです。

(1)大学入学資格を有する者で、文部科学大臣が指定した学校または厚生労働大臣が指定した救急救命士養成所において、2年以上救急救命士として必要な知識・技能を修得した者。
(2)大学等で1年(高等専門学校では4年)以上修業し、指定科目を修めた者で、養成所において1年以上救急救命士として必要な知識・技能を修得した者。
(3)大学(短期大学を除く)において指定科目を修めて卒業した者。
(4)消防法に規定する救急業務に関する講習で、厚生労働省令で定めるものの課程を修了し、5年以上(あるいは、救急活動を行った時間が2000時間以上)救急業務に従事した者であって、養成所において1年(厚生労働省令でさだめるものにあっては6ヶ月以上)、救急救命士として必要な知識・技能を修得した者。
※上記(1)~(4)は修業・卒業見込みの者も受験申込みは可能。
(5)外国の養成所を卒業した者、または外国で免許を受けた者で、厚生労働大臣が上記と同等以上の知識・技能を有すると認定した者。
(6)法施行の際(平成3年8月15日)、現に救急救命士として必要な知識・技能の習得を終えている者(看護師免許所持者等)、または取得中で、この法律の施行後にその修得を終えた者で、厚生労働大臣が上記(1)~(5)の者と同等以上の知識・技能を有すると認定した者。

資格試験内容

[試験内容]

(1)基礎医学(社会保障・社会福祉、患者搬送を含む)
(2)臨床救急医学総論
(3)臨床救急医学各論Ⅰ(臓器器官別臨床医学)
(4)臨床救急医学各論Ⅱ(病大別臨床医学)
(5)臨床救急医学各論Ⅲ(特殊病態別臨床医学)

受験申込期間

試験実施日

3月

試験地

札幌、東京、名古屋、大阪、福岡。

受験料

33600円

合格率

87%

資格関連書籍

救急救命士関連の人気書籍

お問い合わせ先

救急救命士についての資格試験に関するお問い合わせは以下の公式問い合わせ機関にお問い合わせください。

(財)日本救急医療財団

救急救命士について

救急救命士に関する情報は作成日時点(更新時点)のデータにより作成しております。情報の正確性については配慮しておりますが、完全性については保証いたしません。また、一部情報が古くなっている場合もあります。救急救命士の内容について誤り等がございましたら、「ご連絡フォーム」よりご指摘いただければ幸いでございます。